プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ヒョリ,パク・ミョンスが雨に学ぶ点-3人新曲比較
最近歌謡界のホットイシューは同時に新曲を発表した雨とイ・ヒョリ,そして彼らと側面勝負するというパク・ミョンスの新曲発表にともなうギャグらしい変移だ。
パク・ミョンスの発言に歌謡関係者や大衆さえ笑い作った。
ただ関心を引こうとする話題性コメントとどうせ彼のマーケティング ターゲットはイ・ヒョリや雨とは違ってもしばらく違ったためだ。
しかし蓋を開けると君のそのように大声を上げるだけのことはあった。
イ・ヒョリの新曲‘チティチティぐるぐる’でもパク・ミョンスの新曲‘パイが’の水準がそのように大きく違いが生じなかったしかたい機械音で上塗りしたボーカルやはり歌唱力の差を計るのが容易でなかったためだ。
イ・ヒョリの新曲は1980年代流行したユーロダンス音楽のリズムと電子楽器をベースにした編曲技法などと比較してほとんど差がなかった。
足りない歌唱力を機械で補完してティルレイとエフェクトで装いした点はパク・ミョンスとほとんど似た。
いっそピンクルの歌は可愛い人間味でもあったのに今回の新曲はメロディに真正性がない。
コルグループと差別化するためにボーカルに力をのせたが結果的に曲自体はコルグループのフックソングに違いではなかった。
後半部の‘頼むから気を引き締めて’と最後の繰り返しフレーズ‘君の言葉がそのまま私は笑わせる’がとても真剣に触れる。
‘ファミリーが浮かび上がった’で本当の話反冗談半分でコルグループ メンバーらを牽制したイ・ヒョリの悩みと内心がすさまじく触れる新曲だ。
どのようにイ・ヒョリぐらいの歌手の新曲にアコースティック楽器がただ一つもなくてすべてサンプリングとコンピュータ操作だけ乱舞するだろうか?
女性歌手中最高級というイ・ヒョリがこのように水準未達の新曲を出すと誰でもレコードを出す。
パク・ミョンスはその間何枚のレコードを通じて,音楽性と歌唱力の水準未達を天下に裸にされるように露出されたことがあるが自信があるように新曲を発表した。
これはまさにフックソングの流行と氾濫が彼に勇気を与えたと見られる。
‘パイが’という典型的なフックソングの短所だけ集めた。
ボコーダーエフェクト トランスファーティルレイなど動員できるすべての操作を総動員して,声自体を人の声でない機械の声に変えた。
歌唱力やメロディの軽重を計る通路を源泉封鎖した。
メロディの高低は2オクターブもならない,とても単純な水準.
ラップもメロディでもない不明瞭な導入部から失望感を与える。
このように機械で最初から覆ってしまったメロディは感情があることが皆無で‘リウル’発音は韓国言質英語なのか知らずあいまいだ。
この曲は家内手工業の臭いが濃厚だ。
製作費少なく入れた二段一曲が彼の知名度と話題性の力で成功すれば幸いででなければやめるという意図が火を見るより明らかだ。
このように機械音とかき混ぜた二人の新曲は当初からライブをあきらめたままlip sync公演をするという意図が伺えて,眉間のしわがしかめる。
一番幼いおからだけその上に音楽の臭い,人間の臭い,歌手においがする。
アイロニーにも彼を削って整えたパク・チニョンを離れて,最も音楽らしい音楽で勝負の賭けに出た。
パーフォーマーピの冒険は若干粗雑だが意図が美しい。
‘お前を捕まえる歌’はR&Bを真似た唱法だが,韓国式バラードと米国式二至リスニングを混合した多国籍バラード ジャンルだ。
歌唱力が優れないけれど努力は引き立って見える。
その上にこの頃韓国歌謡界で最も耳よりな曲だ。
まだ熟しなかった唱法と発音は雨が一日も早く解決しなければならない最も緊急な宿題.
始終一貫強いだけして強弱調節でも弱いボーカルで感動をあたえるテクニックが不足したのが最も良い例.
高音は分かれて低音は不安で,機械で処理した。
これまた彼の宿題.
レコーディングとミキシングは普通以上だと全体的にすっきりしていてリスニングに負担がない。
歌詞とメロディも彼の経歴と年齢に比べて,水準級だ。
パク・ミョンスの側面勝負は不可能だ。
勝負でなく後退あるいは停滞が答だ。
雨がなぜ高い値段を入れて,その他ベースドラム ピアノ ストリングなどセッションマンを雇用したのか二人は深刻にと考えてみることだ。
ミュージシャンがアコースティック楽器を好む理由は声と音楽に自信があるためだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3166-72027a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。