プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌謡ワールドカップ|雨戦力分析

ピのミニアルバム タイトルは< Back to the basic >だ。
だがこの‘Basic’は音楽だけを想像しないだろう。
2年前発表した’Rainism`で,雨は仮想のキャラクターのように完ぺきに準備されたコンセプトの舞台をお目見えした。
反面彼は‘お前を捕まえる歌’でコンセプトを最大限排除して自身のからだが持った魅力を見せる。
韓国で上着を脱いだままチューは踊りが決まったパフォーマンスになることができる歌手は雨だけであろう。
‘お前を捕まえる歌’も同じだ。
この歌は‘今日もそわそわする君の家....
私は骨を折ったがこのように’のメロディを二回繰り返して,直ちに‘ある瞬間内からだになじんだ...’のリフレイン区に入り込む。
それだけメロディ構成は単純で,感情線は階段を上がるように垂直的だ。
そして,雨は垂直的に感情が走る瞬間自身の声を最大限濃くしてリフレイン区をより一層強力にさせる。
それで,‘お前を捕まえる歌’という題名は真実だ。
歌に対する好悪を離れて,雨は誰にでも自身の声でリフレイン区のメロディをずっと耳にぐるぐる回るようにする。
その点で‘お前を捕まえる歌’は他の歌手には似合わないけれど,雨の‘Basic’を見せるには適切だ。
もちろん,それで彼の今回のアルバムは好悪が分かれるだろう。
誰かは悪い男の魅力で自身を捕まえる彼を好むだろう。
反面どんな装いもなしで雨が自身のからだと声だけで近づくのを負担になるように感じる人もいるだろう。
だが,時には見る人が驚く程自信100万パーセントのこの男は今自身ができる最も効率的なプロモーションをすることなのかも分からない。
<忍者アサシン>出演でハリウッド活動がより一層せわしくなりながら,雨は韓国で最も有名だが韓国で商品性を減少しなくても良い独特の存在になった。
彼は本当に‘作品’にだけ大衆と会って,2年ぶりに戻った今回も1ヶ月余りの時間外にない。
それで,雨が自身をそのまま表わす活動方式は誰でも一回ぐらい視線をそらすそうなイベントになることができる。
それは雨が出演したKBS <常勝疾走>が良い視聴率を記録した理由中一つであることだ。
どうのこうのとしても結局雨は空く。
そして,彼はまた海外でより大きい勝負をかければ良い。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3216-d5fcc8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。