プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


e

r

'チュノ' '金持ちの誕生'に続き'悪い男'で活躍
(ソウル=聯合ニュース)ユン・ゴウン記者=俳優キム・ウンス(49)が今年上半期テレビ劇場最高の'名品助演'に浮び上がった。
話題の史劇'チュノ'で'悪の枢軸'の左議政李経植役を担って,微笑の後に涼しいカリスマを吹きだした彼は引き続きコミックドラマ'金持ちの誕生'で艶がなくて頑固だが子供の前では全然身動きができない企業体会長富貴号に変身して,視線をひきつけた。
そのような彼がSBS TV '悪い男'ではある自殺事件の背景を執拗に暴くベテラン刑事班長クァク・ユンファンで劇に傍点をつけている。
最近会ったキム・ウンスは"確かにTVドラマの効果が大きかったよ。
その間映画に多く出演したのに最近出演したTVドラマが相次いで人気を呼ぶから周辺の反応が変わった"として"何より田舎にいらっしゃったうちのお母さんの肩が10㎝は上がられたようだ。
人々が君も私も知った振りをするからとてもお好きでそびやかしてする"として笑った。
次期作もすでに決まった。
'チュノ'に続き雨・イナヨンと共に'逃亡者'を作るクァク・ジョンファンPDがこの前電話をかけてきて,いきなり"お兄さんご存知であるでしょう?準備して下さい"という言葉だけ言って電話を切った。
彼のスケジュールも尋ねないまま無条件'逃亡者'に出演しなければと'ごり押し'を働かせたのだ。
"私がそのような形で一度縁を結べば相次いで作品を出演することになりました。
クァクPDとは'チュノ'前作の'漢城別曲'で初めて会って,三作品をずっとすることになりましたね。
それでもどんな役割とは話してくれなければならないことではないのか?(笑い)事実'チュノ'は出演するつもりがあってたのではなくそのまま企画団界で色々なアイディアを出してくれたのに私の意見がたくさん反映されながら,左議政という人物の比重が大きくなったしそうするうちに私が出演まですることになった場合です。"
彼は"左議政は初めに大使も二三のならなかった。
ところで王の代わりをして,貪官汚吏を象徴しなければならなかったために比重が大きくなった"として"ルティナン悪役をしたくはなかった。
当時左議政程度ならすばらしいインテリで自身の感情を節制するだろうと知っている人であっただろう。
それで高級な悪役を見せようと努力したし私が言い張って,衣装もだいぶ高い服を着た"と紹介した。
'金持ちの誕生'の富貴号は全く違った。
当時'チュノ'の終盤部4回とオーバーラップされながら'金持ちの誕生'に出演した彼は気難しそうに見えながらもコミカルなキャラクターを知らんぷり急に離して演技して,劇に活力を吹き込んだ。
特に彼がムチャクチャ娘副テヒ(李始栄の方)を人で作るために努めながらも,娘に対する愛でてんてこ舞する姿が話題を集めた。
"食堂に行けばおばさんらは'チュノ'より'金持ちの誕生'話をさらによくしました。
'うちのお父さんもそうした'として相槌を打ちましたよ。
製作スタッフが皆徹夜しながら疲れている状態で私が撮影会場にだけ行けば'今日は何をまた笑わせてやろうか?'期待をしました。
(笑い)娘役を担った李始栄がよくして可愛かったんですよ。
準備をよくして,私がアドリブを打てば負けなくて受け返したからです。"
'悪い男'とは'雪の女王'に続き李ヒョンミンPDとまた呼吸を合わせる作品だ。
"復讐に目が見えなくなった主人公ゴンウク(キム・ナムギルの方)を固く締めつけながら,彼の復讐を邪魔することになります。
これからゴンウクとクァク班長の火花散る対決が広がることになるでしょう。"
キム・ウンスはソウル芸大(預貸)演劇課に入学した1981年劇団木花の団員になりながら,演劇界に入門した。
そうするうちに1989年日本に留学に出て,日本映画学校で演出を専攻して,卒業した後映画で活動領域を広げた。
"10年ほど演劇をするから演劇言語の限界が見えました。
その限界を破ることができるのが何か考えるとヨンファドラゴヨ.
その当時には演劇人が映画をすることが何の変節のように認識された時だったが私はこれから映画が芸術の頂点にのぼるという確信がありました。"
日本映画巨匠今村ショウヘイが校長を引き受けた時期最優秀賞を受けながら,日本映画学校を卒業した彼は1996年金尚珍監督が日本で撮影した'チンピラ授業'を始め'トゥーカップス3' 'ガソリンスタンド襲撃事件' '新羅の月夜' '光復節特使'などキム監督の作品にずっと出演しながら,甘草演技をした。
そうするうちに'その時その人々'のミン大佐,'(受ける)乗って塩辛くて'のクァク・チョルヨンで映画ファンらに確実な印象を残したし,最近'うれしい殺人者'と'破壊された男'まで50編(便)の映画にこまめに出演した。
"ミン大佐役は特に忘れないです。
実存人物の朴フンジュ大佐をモデルでしたのに朴大佐は真の軍人であったし,そのような方を演技して,光栄でした。"
彼は下半期'逃亡者'とともにミュージカル'南漢山城(ナムハンサンソン)'にも出演しながら,活動領域をまた再び広げる。
"高等学校同窓らに会えば私が一番若く見られます。
皆楽しく生きられなくてようです。
全(前)私がしたいことを楽しくしながら買うから若く買えるようです。"
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3374-08eed7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。