プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪意の雨かみちぎること,度を越した
雨関連論議で熱い.正確にどんなことが広がったことかに対してはまだ明確な事実関係が知られなかった.だがインターネットですでに雨は‘殺す奴’になっている。
事実関係が不明な時は判断を留保することが合う。‘殺す奴’という判断は状況が明確になった後におりても遅くない.もちろん疑惑提議はいくらでもすることができる.知られた端緒(糸口)らを根拠で推論もできて,主張もすることができる.ただし最終判決だけはまだ性急だということだ。
まさにこのような時媒体の役割が重要になる.媒体はこういう状況で正確な事実関係を取材して知らせようとする努力をしなければならない.そうしろと媒体が存在することで,そのような取材活動をすると見なされるから記者らが特権を享受するのだ。
記者らは一般人が簡単に接近できない人々ともインタビューができて,各種機関にも簡単に接近しながら,一般人とは違った社会的待遇を受ける.それに値段するところは記者が社会に真実を知らせようとする努力をすることしかない。
本当に見るのに苦しい記事が出た。‘雨がお金のために目つきが変わったよ’というある投資家の暴露を伝える記事であった.この記事は熱い呼応を受けた.21日最大話題記事中の一つであった。
この記事が呆れ返ったことは,事実関係を暴こうとする努力は希薄な代りに投資家という人物の口を借りて,雨を一方的に侮辱する内容を含んでいるためだった.あたかも‘雨はこのように淫らな人であるから大衆よ彼を殺せ!
という大字報を付けたようだった。
一ネチズンが掲示板に使ったのでもなくて,こういうのを媒体の記事といえるか?疑惑が火のように起きながら,大衆が怒っている時,そこに便乗して,論議だけをそそのかすのは言論がすべき仕事でない。
より一層苦しかったのはこの記事に対する人々の反応だった.いくら疑惑があって,雨を嫌いだといってもそれはそれで,それと別個でこのようにあきれる記事に対しては該当記事を非難することが合う.だが人々はこの記事に爆発的に呼応した.記事を非難するコメントらは少数に過ぎなかった。
雨かみちぎるのが度を越していると外に違う考えをできなかった.手段方法関係なしで無条件石を投げているのだ。
この記事の投資家は雨を近くで見守るとTVの中親しいワールドスターの姿でなく,金を儲ける工夫をする事業家同じだったといった.野心に充ちるように行った事業が失敗するやより一層やきもきしたといった。
これは悪意の私生活暴くこと,人身攻撃だ.だけでなく卑怯だ.雨を人格的に侮辱して,人間的に引き下ろしながら,芸能人イメージを壊そうとする卑劣な暴露で感じられる.題名からそうした。‘雨お金のために目つきが変わったよ’事実関係と関係なしで雨を殺す題名だ.このように聞くな憎しみをそそのかすことが言論がすべき仕事なのか?次の大きな課題はより一層幼稚だった。
“雨は難しい暮らし向きを踏んでスターになった.途方もない金を儲けたにもかかわらずさらに多い金を儲けることを望んだ...
赤字を報告を受けるやピの目つきが変わったよ‘
いったい暮らし向きがなぜ出てくるか?文章全体がきまり悪い程悪意的だ.人身攻撃の極限状態だ.あまりにも不快感を感じさせる方式の攻撃だった.こういう文を読んでも不快感を感じないならば問題がある.だが本当に多い人々がこの文に呼応しながら,雨を攻撃した.泥沼かみちぎらせる。
今回のことだけでない.誰かの誤りに対する極端な対応がいつも起きる。‘00女’事態の時もその行為を倫理的に非難すればそれになったことだったのに,その限度を越して,身上はたくことを要求して社会的売り場を要求する。
すなわち,私たちの社会がおりる処罰はいつも‘極刑’である.ひとまず間違った以上どんなことにあっても安いという考え,無条件死んで当然だという考えが広まっている.それでことが起こる時ごとに‘殺して!
殺して!
殺して!
’叫びがインターネットを覆う。
疑惑も問題と,間違った人も問題だが,このように0 or 100式へ行く極端風潮はさらに問題だ.韓国社会が病気にかかっている.誰かが下手すると人権が剥奪されるのを当然に思う.私生活保護も必要なくて,証拠も必要なくて,人格保護も必要ないといった雰囲気で社会は病気にかかるほかはない。
より冷静にならなければならない.より物静かにならなければならない.社会が過度に熱くなった時物静かにさせることがまた言論の役割だ.今回正式記事が悪意の人身攻撃で怒りをそそのかして,大衆がそこに熱烈に呼応したことはあまりにも苦しい光景だった。
このような形の人侮辱することのほか,本当に真実を暴くことを望む.この際芸能界と株式市場の間の関係に対する全般的な情報が提供されるならば,それがより一層善良な個人投資家らのためであるところになるだろう.人身攻撃で私たちが得るべきことは悪リプライの他に何もない。
文化評論家,ブログhttp://ooljiana.tistory.com/を運営している.ジャッキー・チェンとクイーンが好きだったし映画監督をしばらく夢見ていた遊び人だ.愛国心が科して,時々ムッとして悪口をひさごで食べる痛みがある。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3416-fcbe4097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。