FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
‘豪雨時期’いつまで行くか

d

<スピードレーサー>助演,<忍者アサシン>主演.
全世界に公開されたこの二便宜ハリウッド映画出演経歴にだけおいてみても歌手兼演技者雨(チョン・ジフン)は韓国演芸社で一線を引くほどの経歴を積んだ。
こういう活動で雨は昨年に続き今年にも最も影響力ある芸能界スターで選ばれた。
問題は今からだ。
昨年彼が出演した<忍者アサシン>の世界興行や国内興行成績が良いだけではなかった。
その上ワールド ツアーを囲んだ訴訟も続いた。
海外活動に重点を置くのに国内舞台も長く空けておかなければならなかった。
雨は去る4月超スペシャル アルバム<バックツーザベーシック>を発表して国内活動を再開した。
しかしイ・ヒョリのカムバック アルバムと正面対立しながら,話題性が蚕食されたし,天安(チョナン)ハム事態に打った。
最近では彼が大株主であったコスダック業者の株式売却件で‘モクトゥィ論議’にまきこまれたし,この会社と関連した訴訟にも名前が上がっては下りている。
演芸生活最大の危機を迎えているわけだ。
これに対してチョン・トクヒョン大衆文化評論家は“雨が音楽・映画・ドラマなど活動幅が広くて海外活動をしながら,集中度が落ちる側面がある。
その上自らの企画会社までたてながら,副作用が現れている”と評価した。
ユ・ジェソクとカン・ホドンはテレビ ショーの二大権力でますますはっきりと席を占めている。
二人は2008年に5,6位,2009年に2,3位を占めると今年も順位をそのまま維持しながら,1位との格差を減らしていっている。
特にカン・ホドンはユ・ジェソクとの知名度差を今年は0.3%で狭めて,演芸権力ツートップ時代であることを実感させている。
昨年10位圏中趙容弼・崔ブラム・キム・ヘジャは順位権の外で
昨年10位圏に入っていた人物中趙容弼,崔ブラム,キム・ヘジャが陥って進行者でコメディアンのキムジェドンが5位,イ・ヒョリが7位,チャン・ドンゴンが8位に進入した。
イ・ヒョリは<ユーゴかける>を発表した2008年に4位を占めたし2009年には11位,今年は新しいアルバム<(hロジック>と,シングル<チティチティベンベン>をヒットさせながら,また7位を記録して,現在芸能界女性スター中には最高であることを立証した。
注目される部分はキムジェドンの浮上だ。
キムジェドンは2008年,2009年順位では30位圏内外の‘無名’だった。
そのような彼が今年5位に浮び上がったことは演芸スターとして活躍が引き立って見えたことでなく社会的な人物になったためだ。
彼は昨年から出演禁止外圧説に苦しめられながら,演芸ニュースでない社会ニュースの登場人物になった。
チョン・トクヒョン氏は“今回の調査結果に金氏の社会的な影響力が反映されたようだ。
金ジェドン氏の最近発言やツイーターなどの活動状況が芸能界外側に広まりながらより大きく注目をあびることになった”と話した。
状況が彼をスターで作ったという話だ。
最近広告モデルでだけ活動するチャン・ドンゴンが8位に上がったのも異例的だ。
上半期にあった結婚式のために認知度が上がったと分析される。
彼のハリウッド進出作の<ウェリオス ウェイ>が来る11月全世界封切りを控えていて,カン・チェギュ監督の<マイウェイ>に出演を確定したので来年からは俳優で活動する彼を見られるようだ。
‘強心臓’らの‘無限挑戦’続く
ユ・ジェソクとカン・ホドンの牙城は絶対的だ。
月曜日最高芸能番組の<遊びにきて>はユ・ジェソクが進行して,火曜日最高芸能番組の<強心臓>はカン・ホドンが,水曜日にはカン・ホドンの<膝ぶすっと導師>が,木曜日にはユ・ジェソクの<ハッピートゥゲザー3>がある。
週末はユ・ジェソクの<無限挑戦>と,カン・ホドンの<1泊2日>が支配する。
これらの地位は受賞成果にも知ることが出来る。
最近3年間放送3社演芸対象はユ・ジェソクとカン・ホドンの独壇場であった。
この二つは各々四ヶの対象を分けて持った。
多分最高MCの威勢というに値する。
これらの移動により芸能界地形が揺れるほどだ。
数多くの芸能人が‘ユラの’,あるいは‘カンライン’に属したいと公開求愛をする。
他のMCらは他のプログラムにゲストにも出演するがユ・ジェソク,カン・ホドンは彼らが進行するプログラムだけで見られる。
皆が彼らが進行するプログラムを羨望する。
芸能人が憧れる芸能人.
芸能人らの芸能人である。
彼らを中心に芸能界2人者らが形成されて,新人が育成されながら,プログラムの存廃が分かれる。
それこそ演芸権力だ。
視聴者の絶対的支持がこれを可能にした力だ。
そのような支持を引き出したことは当然,これらの卓越した能力と魅力だった。
ユ・ジェソクの場合は機転が利く弁舌,瞬発力ある対処,コント,状況劇能力など全てのものをそろえた。
出演者などがどのような話をしてもおもしろく受け入れることで定評になっていて,彼自身が瞬間瞬間笑わせる。
他人のキャラクターを捉えてくれるのにもたけている。
ドリブル,アシストにゴール決定力までそろえたのだ。
人をまねをしながら演技する時はコメディー演技力まで見せる。
こういう能力に加えて,常に先に立って苦労して他人を配慮する姿,軟らかい進行で人間味まで見せる。
カン・ホドンは機転が利く弁舌が少し不足したようにするが状況判断力があまりにも優れる。
瞬発力,疎通能力,コント,状況劇などはそれはやはり最高水準だ。
彼は混雑した状況で揺れないでプログラムを進行していく。
判断力とカリスマのおかげだ。
彼はユ・ジェソクとは違って攻撃的キャラクターだ。
‘アンチ’ができるほかはない。
だが彼の磊落(らいらく)で直線的な姿で人間味を感じる人が多い。
彼のエネルギーに魅了された人も少なくない。
彼が力強くラーメンを食べる時,最高の視聴率が出てきたりしながら,出演陣全員より一人でさらに興味深い絵を作り出して‘及ぼした存在感’という賛辞を受けることもした。
それで彼ら(これら)は芸能最高のMCになることができた。
一歩進んで演芸権力までなったことは時代をよく会ったためだ。
過去には芸能が取るに足りない分野だったが今は最高の地位を享受している。
歌手・タレント・コメディアンなどすべての分科を率いた最高部門で最高になったので彼ら(これら)は芸能人らの芸能人,演芸権力になることができたのだ。
現在これらの絶対的な地位は少し揺れている。
カン・ホドンは<1泊2日>が以前と同じではなくて,<強心臓>でも<ストッキング>で非難を聞く時が多い。
ユ・ジェソクは<ランニングマン>で能力が疑問に思う。
だがこれらを代えるほどの人がない。
その上にイ・ギョンギュ程度だけがさっと脅迫的な状況だ。
したがって‘ユー-川天下’は当分続くだろう。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3443-640bac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)