プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[イ・ジョンジン]選択はいつも意外だそしていつも新しい


d

- <解決者>の,イ・ジョンジン-
猛暑が近づいた2010年の夏.
俳優イ・ジョンジンに今年はどんな記憶に残るだろうか。
明らかなことは,少なくとも私たちが彼を記憶するにあたって今年を取り除くことにはならなくなった。
<麻婆島(マパド)>以後5年ぶりのスクリーン復帰.
クォン・ヒョクチェ監督の<解決者>でイ・ジョンジンは自身の私欲のために解決者(ソル・キョング)が行く所ごとにぞっとする罠を置いて彼を身動きが出来なくという冷血刑事チャン・ピロを延期(演技)する。
十年をふわりと越えたイ・ジョンジンの延期(煙,演技)キャリアにこれよりさらに破格的な歩み(動向)はなかった。
三十代初め,イ・ジョンジンの歩幅がつかつかと広くなった。
-この頃検索語イ・ジョンジンを打てば,最もたくさん出る単語が‘忙しい’だ。
休むのがむしろぎこちない境地(耕地)に達したと聞いた。
=いつのまに見ると私がそのことをすべてしていたよ。
(笑い)憔悴されていきつつあるというだろうか。
それでもこのように作品下記難しい時期に忙しくて,むしろ気分が良い。
デビューした以後活動時間に比べて,その間はちょっと休み休み行ったようだ。
-この頃困難に陥っているのはやはり<逃亡者>か?この前には東京にあるといったのに連日フィリピン,マカオなどアジアを縦横無尽するというの便りが聞こえる。
=<解決者>は春に撮影したし,今は<逃亡者>きて<男の資格>で忙しい。
この頃は何ヶ月の間海外で<逃亡者>とって国内スケジュールあればちょっと聞いてきてまた出て行く生活の連続だ。
今日も朝マカオからちょうどきた。
-<解決者>はそれでは今日試写会で初めて見たことなのか。
=撮影する時,現場編集本道見て,後試み見てそうしたから,正式記者示唆全(前)にもすでに見たわけだ。
その時は映画全体を見ることができなかったが次第期待があった。
今日見ると皆がんばったのに,その結実が感じられたよ。
-記者試写会でこの映画が<マルジュク通り残酷史>以後,自ら‘イ・ジョンジンの新しい代表作になること’という期待を表わした。
=<解決者>は純粋に俳優としての欲のために選んだ作品だ。
会社立場で見ようとするならこういう映画は選択がやさしい作品でない。
俳優が自分の演技を引き出さなければならない,俳優としての課題が明確な作品だ。
映画見て個人的には私が演技した部分に惜しい点もあったが,‘イ・ジョンジン フィルモグラフィーに絶対マイナスになる映画ではない’という満足ができてうれしい。
-作品を選択した決定的契機は何か?男大男の構図ならば決定を下す時,相手俳優も大きい比重を占めたようだ。
=物では警句兄のために簡単に決めたのが事実だ。
すでに警句兄がキャスティングされていたし,初めてシナリオは今の対立構造よりさらに警句兄チームトップ感じに近かった。
男2人が出てくる映画が大部分二人パートナーを成し遂げる場合なのに,<解決者>はちょっと違った。
一対一で互いに対立するのに撮影前からもその緊張感が伝えられたよ。
この場合に互いに自分の欲望を満たそうとするならばむしろ効果が半減するのに,今回の映画ではそのような欲自体がなかった。
だから実際に撮影時は負担なしにとることができた。
警句兄があまりにも相手方の呼吸まで合わせることができる俳優だと見ると良く従うことができたようだ。
これからまたこういう映画に会うことができるかと思った気がした。
-悪役を選んだという点では,何か覚悟があるように見えた。
既存の優しいイメージを裏切った。
=私の出世のために周辺を破るという点では‘ピロ’は悪役が明らかだ。
ところでまたはっきり調べれば悪役だが,本性は悪い人でない。
台本を見ながら,ピロをはじめとする人物らが2010年今の韓国を反映していると考えた。
大企業と政治が癒着する構造で十分に誕生できる,現実的にそうするかもしれない人物だ。
-這うように飛んだ電話声が全く違うとみられた。
悪役の印象を植え付けるために念頭に置いたことあるか。
=特定キャラクターを参考にしたりしてはいない。
事実チャ・スンウォン氏と同じイメージを表現やり遂げるならば悪役で申し分ないだろう。
深く入り込んだ頬の肉から,立派に悪役のイメージが思い浮かぶ。
ところでむしろ私は<男の資格>の利潤席同じ人が悪役をすればどうかと思ったよ。
普段平然とあとで,どんな契機に悪の本性があらわれればそのような人がさらに恐ろしいこともあったよ。
ピロのような場合,最大限物静かで静かなために努めた。
それがむしろ後半部に本性があらわれる時,波及効果が出はしないかと思ったよ。
-今回の決定に意外な反応が多いことだ。
ところではっきり調べれば考えたこととは違う決定を楽しむようだ。
=考えてみれば常にそうしたようだ。
<マルジュク通り残酷史>時は金持ちの家息子同じ丁寧にイメージを避けようと監督様に模範生‘懸垂’代わりに学校最高の役割だった‘ウシク’をすると提案した。
<マルジュク通り残酷史>終わって<麻婆島(マパド)>するといった時も突然コミックをするというと,皆次の選択には意外とここだよ。
ところで予想外の決定にも映画が呼応を得た。
<男の資格>をするといった時も記者ら反応が終始一貫していた。
皆‘この俳優,演技ほどほどにしようとするものと思ったところ結局このプログラムで芸能に移るんだな’した。
芸能といえば良いドラマや映画主演は大変だというのが定説だった時期があった。
ところで今<解決者>と次の作品<逃亡者>しながらそのような先入観を破っていっていると考えられる。
-芸能話が出るからだが,事実芸能体質ではない。
(笑い)はやくて殺伐な芸能の世界とは相変らずかけ離れるとみられるのに,視聴者はそのような不調和をむしろ良く評価したよ。
=初めてこのプログラム交渉入ってきた時,私も‘私が何の芸能は’した。
ところで私のほか他の出演陣らを聞いて考えが変わった。
集めてもそれほど似合わないこと同じ人らが出てきて何かをするのがむしろ他の芸能と違い新鮮に見えたよ。
考えてみれば<男の資格>出演陣皆海千山千体験する方々だ。
大韓民国でその年齢食べながら,どんな瞬間一度折れてみたりもしたが,それをまたよく克服して,今の席にある人々だ。
こういう人々と一緒に仕事をするならばそれ自体でやりがいであるように見えた。
-今の考えはどうなのか.
その決定が上手にする選択だったか。
=とても感謝する。
このプログラム下面で私が得ることがとても多い。
<男の資格>チームが証券会社広告もとっていないのではないか。
女優が化粧品広告することが一種の象徴のように,証券会社広告やはり信用,信頼度なしでは接近が不可能な領域だ。
私たちのチームが芸能番組だが,彼らはいたずらは打たなくて,する見解が成立したのだ。
マラソン方でも,智異山(チリサン)登攀方でも難しい状況を通じて笑わせるより真剣に近付きたい心がより大きい。
メンバーらが見せる率直な姿を通じて毎度人生(暮らし)の姿勢を習うことになる。
-2002年<海賊,ディスコ王トェダ>ロ初めての主演作を引き受けた時,スターダムに上がっていた。
ところでデビュー以後イ・ジョンジンすれば浮び上がる色を構築するにはちょっと粗雑にした面がなくはなく見える。
自ら厳格な評価を下すならば。
=切実に俳優を望んだことはなかった。
あまりにも良く目につかない人だった。
以前の親しい友人らが私がこの仕事をすること自体を目あたらしがったという話だ。
出た私がそのまま運動靴に面のふり入庫仕事をする平凡な会社員になることができた。
ところで偶然にモデル生活をすることになったし,俳優になった。
運が良かったのだ。
ところで演技授業下面で考えが変わった。
次第演技生活をしながら体得したのがあるならば,寝て起きて,スターになるけれども,それより重要なのがそれをどれくらい維持することができるかだ。
共に演技した同僚中でも着実に活動する人もいるが,そんなこんなである理由で忘れられた俳優も多い。
演技を継続する彼らは結局ごく少数だ。
<無間島>封切った時,アンディ・ラウ見ながら,幼い友人らが,“あの俳優誰なのか分からないですが演技本当に上手にする”としたという声を聞いた。
出たアンディ・ラウのような俳優が真の勝利者と見る。
自己管理徹底的にして,最後まで真実に演技できる俳優話だ。
-芸能をすれば自然人イ・ジョンジンの姿があらわれるはずだ。
本当に恥ずかしがり屋に見えるのにも,意外に周辺には人々が常に絶えない。
=前世に優しい仕事たくさんしたのか人福がある。
変に同じ年頃友人中仲良しというほどの友人らはないのに,主に兄らとたくさん親しい。
こちら仕事が親密なよしみがまもなくことで連結する方なのに,出た人つきあうのに経済的に役に立つとか,作品を共にすることとか投資の意味でつきあってみようという意図のようなのがない。
私心なしに会って見たらむしろそれが通じたようだ。
パク・チニョン兄と親しいが,あるチニョン兄が“君はちょっとそのような社交力が必要なようで”と忠告をしてくれたこともある。
(笑い)ああ,そうだ今日VIP示唆にはアイドル後輩がくると文字も送った。
先輩らにたくさん受けたので,もう幼い友人ら,後輩もちょっと取りまとめなければならない。
-<逃亡者>は<チュノ>の,チョン・ソンイル作家とクァク・ジョンファン監督コンビがまたかたまった下半期期待作だ。
=チョン・ジフン,ダニエル・ヘニー,イ・ナヨンなど共に出演した俳優らが期待される。
彼らと共にすることができてうれしい。
出た疑問の事件と関連して(本当に)ジフンを追う外事部刑事役を担った。
見るには深刻に見えるのに解く方式はとてもおもしろくて,私やはり期待される。
海外ロケーションが多い作品だと香港,マカオ,フィリピン,タイを行き来しながら,ずっと撮影した。
当分はそうすることだ。
-<解決者>はみなぎる緊張感を引っ張っていく,最後の場面ではソル・キョング氏とアクション演技をお目見えする。
最後のアクション場面を見ると,もう少し本格的なアクション演技が期待されたのに<逃亡者>ではどうなのか.
=<逃亡者>増えたことの大使ぐらいアクションが多い作品だ。
ジフンとあまりにも一緒にからだをあわせてアクション場面をよくして,“私たちのこういうことでは情分出る”とした。
女優ともその程度ではないことだ。
(笑い)撮影の時暑さのために哀悼たくさん食べた。
特に上海撮影時は42度の猛暑だと撮影が容易ではなかった。
昼間にあまりにも汗を流すから夕方に水分がみな増発したのか汗も出なかったよ。
(笑い)顔が(受ける)乗ったのでなくうす赤く熟す水準だ。
それを見て誰が‘イ・ジョンジン氏酒飲みましたか?なぜそのように顔が赤いですか?’と尋ねたよ。
(笑い)
-それでもファンたちにはまたさらに素晴らしくなった‘非’(ビジュアル塊り)を発見する機会になる。
=必ずそうではない。
一緒に出演するダニエル・ヘニー氏は同じ男が見てもからだが素晴らしかったよ。
それでジフンと一緒に,“私たちも良い食べ物食べながら,からだ管理しよう”したのに,実際に撮影してみるならばあまり荷が重くて,夕方には必ずハムとラーメンを食べることになる。
(笑い)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3478-377594c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。