プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃亡者1回-チョン・ジフンの変化が興味深い

下半期最高の期待作だった<逃亡者>初回がいよいよ放送されました.個人の好みにより失望したこれらも多かったようです.初放送であるのに視聴率20%を渡したとのことは<チュノ>に対する期待心理と登場人物らの好感度が作り出した成果であるだけです.真剣勝負はもうからであるつもりですね。
変化は結果と関係なしでいつも楽しい
全体的に散漫で見せてあげたいことらが多くて紛らわしかった初回はそのように過ぎ去りました.主人公のチョン・ジフンを徹底して中心に置いて<逃亡者>がどんなドラマなのかを明確に知らせた初回は彼らの期待ぐらい豊かでした.時々豊かさがあふれて眉をひそめるようにしたりもしたが期待ぐらいのドラマになる可能性は高く見えました。
初回が放送されながら,明確になったことは現在とドラマの中の状況を混沌としている必要がないというのです.徹底して興味中心のコミック アクションドラマであることを見せてくれました.我が国では公認されなかった探偵事務所を開いて仕事をする探偵ジウが疑問の事件に足を入れながら広がる真実ゲームがドラマの大きい骨格です。
ドラマを見て感じた方らも多いだろうがこのドラマは徹底してチョン・ソンイル票(表)ドラマになることだと明言しました。<チュノ>が徹底してクァク・ジョンファン ディレクターの作品だったら今回の<逃亡者>は<チュノ>というよりは<7級公務員>式のコミック諜報メローを扱っているためですね。
劇中ジウが依頼人のジニに話をするように大韓民国では不法だが,興信所とは戦闘機と紙飛行機の違いが生じる職業を持った彼はアジア圏のネットワークを利用して,多様な事件を解決する人物です.ジニは自身の家族全部を殺したメルギデクという組織なのか人物なのか分からないことに対抗するために適合した人物を探す過程でジウの能力を試験します。
私を壁面に描かれた大事な幀画を盗難に会ったとし始まった知遇に対する実験は東南アジアまで続く彼のネットワークと個人的な実力まであまねく調べてみることができる実験でしたよ。
卓越した分析力と事件に対する執着を見せた彼はジニが探す最も適合した人物でした。
お金ならば何でもできる単純なジウが決定的に,どんな事でもしなければならない動機も持っているためですね。
まさに自身のチョルチンがくやしく死んだしその死が自身の持分(役割)になって,くやしく寃罪をこうむったまま警察に追われている状況はジンイとしては最適の条件である方法以外にはありません。
もしかしたら公共の敵のメルギデギルチも分からない状況で卓越した能力を持ったジウはジニには大変良い存在である方法以外にはないですね。
このように一つのチームになった彼らの活躍はこれから開始です.初回主要人物らを登場させて,彼らのキャラクターを捕まえて行く過程で面白味を論じることは大変だからね。
<チュノ>に出演したイ・ダヘとオ・ジホの登場はこの作品がクァク・ジョンファンの作品であることを知らせる役割をしています.こういうきずな関係は視聴者たちに自然な同質感を感じさせて<逃亡者>に対する愛情を抱くようにさせますね。
骨中深くカサノバのジウのために投入されたイ・ダヘとジニと一つの船に乗るほかはなくさせる友へ逆に出てきたオ・ジホは短いが主人公キャラクターを完成する役割で充分でした。
注目されるほかはないチョン・ジフンの変化はひとまず肯定的だと見ます.既存のチョン・ジフンのイメージ(?)とは違って不明瞭ながらも,緻密な性格に女ならば正常な感覚でない演技はおもしろく近づきます.分別がない姿とは違って自身のことには徹底して武術実力さえも卓越したキャラクターはとても魅力的である方法以外にはありません。
馬鹿正直だが動揺することがないイ・ジョンジンと卓越した実力と関係なしでイ・ジョンジンだけ眺めるユン・ジンソのキャラクターもドラマをより一層豊かにするようです。
007のジェームズ・ボンドがドラマに入ってきたように多様な活躍の中に女性が一緒にする形式はこのドラマが諜報物であることを刻印させました.米国を含んだ東南アジア各国を歩き回りながら,アクションとサランが一緒にするこの作品に対する評価は2回から始まらなければならないようです。
初回あらわれたチョン・ジフンに対する集中は彼が劇中占める比重を話していると見なければなりませんね。
少しは散漫でチョン・ジフンのためのドラマであらわれるかも知れない状況だが諜報メローを追求する<逃亡者>でチョン・ジフンとイ・ナヨンの存在感が大きくなれば大きくなるほど面白味はより増すしか増えたありません。
悲壮感まであふれるクァク・ジョンファン式の話でないコミカルさ中に自然なアクションまで加味されたチョン・ソンイル式の話が果たして視聴者たちにどのように近づくのか期待されます.これからどんな方向に進むのか分からないが初回見せた可能性はいくつかの漁色して惜しい部分らを忘れるようにしました。
映画を夢見た幼い時の分別がない非常に楽しさが現実ではどれくらい力に余ることで近づくのか一生懸命体験しながら生きていくdramastory2.tistory.comを運営するブロガーです。
引き伸ばしたテープのようにつまらなく文を書く'チャイミ'という名前とは違って愉快な文を書くことを通じて,多様な疎通が可能なように努力中です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3517-700d2e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。