プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘逃亡者’チューノーのための復讐?加速度がついた劇展開興味津々

'逃亡者'はやいクク展開が目を引いている。
視聴者に息をする隙間を与えないでいる。
9月30日放送されたKBS 2TV '逃亡者プランB'(脚本チョン・ソンイル/演出クァク・ジョンファン) 2回で本格的な劇展開が始まった。
ジウ(ピ,チョン・ジフンの方)とジニ(イ・ナヨンの方)は共に日本行の船上に上がった。
誰かに追われているジニ,消す彼女の秘密に接近し始めた。
ジニを囲んだ追撃戦.
そしてジウと彼を追っているトス(イ・ジョンジンの方)の葛藤が迫力感あふれるように展開した。
消す恋人カイ(ダニエル・ヘニーの方)と合流して,復讐を継続したしトスに捕えられたジニは銃撃戦終わりに脱出に成功した。
彼らを囲んだ巨大さ陰謀があらわれている。
'逃亡者'チョン・ソンイル作家とクァク・ジョンファンPDの前作'チュノ'は高い作品性と商業性にもかかわらず,多くの人々から批判の声を聞かなければならなかった。
中盤以後クク展開が過度に増えながら,視聴者に退屈さを伝えられたこと.
事件と事件の間の空白を興味要素で埋めることができなかった。
'逃亡者'では展開がはやくなった。
演出技法にもスピードを意識したもようだ。
韓国,日本,フィリピン,タイなどアジア全域を背景にする'逃亡者'はその時間と空間の差を最大限縮約して,表現している。
ソウルにあった人物が場面転換と共に日本に登場する方式だ。
しかし過度にはやい展開は劇序盤視聴者が状況を理解するのに困難を与えることができる。
また事件と事件の間の可能性でも共感を形成しにくいという意見もある。
それでもはやい展開を押し切ったことは'チュノ'の指摘に対する'逃亡者'の復讐ではないだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3522-c89c3aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。