プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピ側“賭博借金?永住権?皆悪意の粗捜しすること”強力反論

賭博借金を返さなかったという理由などで米国で訴えられる当てられたピ(チョン・ジフン)側が在米同胞アンドリューキムの主張に対して正面反論した。
18日ピの所属会社チェイテュネントテインモントゥ側は報道資料を通じて"アンドリュー,キムはピのワールドツアー当時LA公演を担当したプロモーターであった"として"アンドリューキムは当時ピの所属会社または公演権を持っていたスタエムと金銭取り引きがあっただけ雨個人とはいかなる金銭取り引きもなかった"と強力否認した。
引き続き"根拠ない虚偽事実流布行為に対して相応する法的責任を追及するだろう"と強硬対応方針を明らかにした。
また,アンドリューキムが主張した雨の賭博中毒有無に対して"雨はLA公演のために公演である2週間前の6月17日米国を訪問した"として"当時雨は現地言論との記者会見,公演チームとのインタビュー,公演広報のためのプロモーション,公演練習に没頭するなど忙しい日程を消化した。
深刻な水準の賭博をしたこともなくてそのような余暇さえなかった"と説明した。
特に軍入隊回避を目的に永住権相談を受けたという主張に対しては"米国進出のために必須のワーキングビザ問題に対して相談を受けただけ,これは全て米国公演と映画出演など海外活動のための事前作業のために相談を受けたのだ。
軍入隊を回避する目的や永住権などを理由で相談を受けたことがない"と言い切った。
最後に"アンドリューキムのこのような悪意の主張は雨が有名芸能人という事実を悪用して,ピの名誉にきずを出しながらLA公演と関連した訴訟を自身に有利に導くための訴訟詐欺に過ぎない"と訴えられる背景を伝えた。
◆ピ所属会社チェイテュン反論報道資料専門
去る2007年'Rain's Coming'ワールドツアーの一環に進行された公演中失敗に終わったLA公演のプロモーターアンドリューキムの主張に対してチョン・ジフン(以下'ピ'とハム)を代理して,法務法人(ユー)右は下記のように立場を明らかにします。
雨がアンドリューキムとから15万ドルを借りたのか?
今回の論議の張本人のアンドリューキムは'ピ'のワールドツアー当時LA公演を担当したプロモーターであり,アンドリューキムは当時'ピ'の所属会社または公演権を持っていたスタエムと金銭取り引きがあっただけ'ピ'個人とはいかなる金銭取り引きもなかったです。
結局'ピ'とアンドリューキム間には金銭取り引きがなかったので債務関係に対するいかなる文書も存在しません。
アンドリューキムはやはり'借用証などはない'としているので私どもの法務法人はアンドリューキムのこのような根拠ない虚偽事実流布行為に対して相応する法的責任を追及するでしょう。
雨が公演を控えた状況でラスベガスを探して,賭博に没頭しながら,コンサート準備に粗雑にしたのか?
'ピ'はLA公演のために公演である(6月30日) 2週間前の6月17日米国を訪問しました。
以後'ピ'は現地言論との記者会見,公演チームとのインタビュー,公演広報のためのプロモーション,公演練習に没頭するなど忙しい日程を消化したし,その渦中にも米国の現地エージェント業者選定のためにワーナーブラザースなど6ヶ所とミーティングを進行したりもしました。
'ピ'は24日と25日1泊2日日程でラスベガスを探したことがあるが,これは米国内で活動しながら知ることになった知人らに挨拶をするための日程と知人らが用意した自身の誕生日パーティー出席のためのものでした。
ところでその頃ハワイ公演と関連した訴訟問題がふくらんで'ピ'は誕生日パーティーまで簡単に参加して戻らなければならなかったのでアンドリューキムでも一部言論が指摘するように深刻な水準の'賭博'をした仕事もなくてそのような余暇さえなかったです。
一部言論は現地関係者に会って,事実を確認した量しているが,これに対しても事実確認を通じて,明明白白に明らかにして明らかな法的な責任を問おうと思います。
雨が永住権相談を受けたことがあるのか?
'ピ'は米国進出のために必須の'ワーキングビザ'問題に対して相談を受けたことがあるだけです。
これは全て'ピ'が米国公演と映画出演など海外活動のための事前作業のために相談を受けたことであるだけ軍入隊を回避する目的や永住権などを理由で相談を受けたことがありません。
'ピ'はファンたちの愛と期待を一身に受けている芸能人で将来が誰よりも明るいが大韓民国国籍を放棄しながらも,兵役義務を回避する何らかの理由がありません。
10年間余り刻苦の努力を通じて積み重ねた名声を'軍入隊回避'のために売り飛ばすことができないことは誰が見ても常識の水準に属するのです。
単純に'ワーキングビザ'に対して相談受けた事実を'兵役義務回避のための国籍放棄'まで推し進めるのはこれ以上座視できない陰湿な攻撃であるゆえ,私どもの法務法人は今後強力な法的措置を取る予定です。
アンドリューキムはなぜこういう訴訟を進行するのか?
アンドリューキムはLA公演が本人の進行未熟に霧散になって,その責任を転嫁しようと'ピ'を含んだスタエム,JYPなどに回そうと'雨'など充分に20人余りを越えるの人を被告で含めて,損害賠償訴訟を提起したし,これはすでに何回も言論に知られた事実です。
ところでLA公演と関連した契約書には'訴訟に先立ち対韓商社仲裁院の仲裁手続きが優先されなければならない'という仲裁条項が明示されています。
これを理由でJYPは'同訴訟を対韓商社仲裁院で移送してくれ'という申請をして,米国裁判所はこれを受け入れたことがあって,これに'ピ'やはり同じ申請をして'対韓商社仲裁院で仲裁手順を踏みなさい'を決定を受けました。
すなわち,上のように米国での訴訟が対韓商社仲裁院で移送される決定が下されながら,訴訟に対する自身の影響力が弱まるやありもしないことを計画してとんでもない主張をしていることに過ぎません。
ワールドツアー公演の霧散と関連してはスタエムが'ピ'を相手に提起した訴訟でこの前'ピ'には責任がないという結論が出てきたのでその責任所在に対してはこれ以上言及する理由さえありません。
アンドリューキムのこのような悪意の主張は'ピ'が有名芸能人という事実を悪用して'ピ'の名誉にきずを出しながらLA公演と関連した訴訟を自身に有利に導くための訴訟詐欺に過ぎません。
これと関連して'ピ'は'報道内容一つ一つに対して堂々としていて自信があって,最近では悪意の報道を繰り返した一部報道機関と記者らを相手にミン刑事上告訴を提起したし,これ以上有名芸能人という理由だけで当てられるだけではないこととし強硬対応するという意志を明確に明らかにしました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3598-afce6b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。