プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃亡者8回-メルギデク正体より重要だった隠された意味

[ブログ]チャイミのベッドストーリー
[ミディアース]他人に対する印象は初めて見たその何秒ぶりに決定されます.映画やドラマ,小説やはり初めて章を開いてみる瞬間見るべきかやめるべきかを決めたりします.極端な期待感は最後まで読むようにさせるがそうではない場合最初のページに勝敗が分かれるのは当然です.惜しくも<逃亡者>は当然なことを拒否して危機を自ら招来していました。
メルギデクは私たちの社会の腐敗した既得権だ
序盤視聴者たちを強力に吸入できない<逃亡者>は単純に感情に訴える<大物>に押されるしかなかったです.最近成功したドラマの内容を見れば分かるだろうが視聴者の嗜好に忠実で感情を刺激して,単純明快に整理するのを好みます。
<チュノ>が作り出した視聴者たちとの共鳴にとても期待をよくした製作スタッフらは単純な命題を無視しました.当然に彼らの世界に視聴者たちが一緒にするだろうという考えは誤った判断でした.そのように進行された彼らだけの話展開は序盤脈をつかめなくて視聴者離脱現象を傍観するほかはなかったんですよ。
ある女性が体験した死の苦痛と友人殺害犯と誤解を受けている探偵が会って巨大な勢力に対抗して,その後に隠された黒幕を取り払う過程を描いている<逃亡者>はとても魅力的なドラマです.海外撮影と毎回登場するアクションがあたえる面白味よりは,彼らが話そうと思う主題があらわれ始めながら,真の<逃亡者>の魅力が発散され始めました。
メルギデクという存在が明らかになる瞬間このドラマが何をいおうとしているのか多くの人々は悟ったようです.貪欲に目が見えなくなって愛する人まで利用しようとするカイは車に乗る前に秘書に"メルギデクに行こう"といいます.正体はすでに過ぎた時間にあらわれたが明確に言質をしたその主人公は巨大な力を持ったヤン・トゥヒ会長でした。
ヤン会長がジニ家族らを殺した犯人ということはカイと会って,交わした対話で皆確認できました.それでもメルギデクという用語を直接言及するようにした理由はヤン会長とカイの対話で知ることが出来ます.朝鮮戦争当時消えた途方もない金額の金塊を探そうと思う彼らはジニが持っている朝鮮銀行券貨幣にすべての糸口があることを知っています。
金塊の行方を探すカイにヤン会長はそのすべてのお金らは自身だけでない同業者皆が享受した恩恵だと話します.相変らず隠された巨大な金塊と未発行紙幣などを公開して,権力者になったメルギデク達を危機に追い込もうとするジニの家族らを皆死ぬようにさせました。
親日派の勢力拡大と韓国戦争当時消えたばく大な量のお金の行方は連結するほかはない輪です.親日派清算をしないで彼らを権力の中心に導いた過去独裁者らによって相変らず大韓民国は親日派が勢力を伸ばす国になったという劇中発言に集中しなければなりません.まさに彼らがメルギデクらであるためですね。
清算されていなければならなかった親日派らは自分たちが占めたばく大な量の資金を通じて急速に既得権勢力になってすべての権力をつかんだことを<逃亡者>は話しています.初めには自身の両親を殺した敵を探すために始まった話が巨大な陰謀と権力に対する真実を正していく過程に成っていく重要な転換が今週放送分で明確にあらわれました。
<逃亡者>は上司の命令に服従にたけていて操作された真実に対応できない国家権力の現実を捕まったジウを通じて,よく見せています.精巧に操作された書類だけでひとりの運命を死ぬことで導くこともできることをジウの事例を通じて,明確に見せているこの作品は私たちの社会に蔓延した腐敗を根こそぎ握り揺さぶっています。
"答は聞くのでなく探すのだ"
というジウの話は真実を正すのが難しい現代社会で真実を得るためには自ら探さなければならないという悲しい話です.いつでも巨大な力によって,簡単に操作が可能な社会で真実は虹あの向こう側でも探し難いのが私たちが生きる社会であるからね。
最も近い存在さえも信じられない状況にますます紛らわしいだけのジニは決定的証拠らが完ぺきに備わった探偵ジウの状況のためにむしろさらに混乱しました.誰も信じられない状況の中で真実を正すための方法が何か曖昧な彼らが結局選択しなければならないのは'誰かに答を聞くのでなく探すこと'というジウのセリフは<逃亡者>の最も重要な行動様式になりました。
8回まで終えられた現時点で重要な変わる要素が登場しました.ジウを殺人犯だと確信していた刑事トスが完ぺきな証拠の前で事実を知っていく契機を持つことになります.検察送検中脱出する可能性が高いジウによって操作された真実を暴く役割はトスの役割になって,そのようにあらわれ始める証拠らは敵だったジウとともに真実を正していく最も強固なパートナーに変わるほかはないようにします。
"朝鮮銀行券貨幣を話す彼らは皆、敵だ"というカイの話はむしろカイを敵なこともあると考えさせます.事件が解決されれば益々疑問だけいっぱいになる状況でジニは自身が唯一信じたカイが自身の最も大きい敵であることもあることを少しずつ悟り始めます.約束は必ず守る探偵であることを僧侶を通じて,もう一度確認したためですね。
特別でなかった幀画を唯一無二な存在で作り出すことができる状況.
当然の真実も状況によっては操作されることができる現実.
そのように操作された真実の前で記念写真を撮りながら明るく笑えないジニの姿はカイでないジウを選択するほかはないことを予告します。
メルギデクはカイが話をしたヤンフェ会長だけでなく多数の存在です.不正な方法でお金と権力を手に握った存在らの総称で私たちの社会の根源的な悪がまさにメルギデギジヨ.
メルギデクの意は作家だけが知っている秘密かもしれないが,彼が作り出したメルギデクの正体は帝国主義米国の権力を指し示すことも,私たちの社会を支配する権力を指し示すこともできるでしょう。
私たちが真実だと知っている全てのものらが巨大権力によって,簡単に操作されたことであることもあることを<逃亡者>は話しています.権力のために個人の真実を操作して,簡単に制圧してしまう支配者の習性を残忍に見せる<逃亡者>は多くの人々に外面受けているパンドラの箱です。
映画を夢見た幼い時の分別がない非常に楽しさが現実ではどれくらい力に余ることで近づくのか一生懸命体験しながら生きていくdramastory2.tistory.comを運営するブロガーです。
引き伸ばしたテープのようにつまらなく文を書く'チャイミ'という名前とは違って愉快な文を書くことを通じて,多様な疎通が可能なように努力中です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3635-70730a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。