プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'逃亡者Plan.B','逃亡者'ではなく'Plan.B'が核心だ

]KBS水木劇'逃亡者Plan.B'(以下逃亡者)は難しいドラマだ。
一般的にTVの中ドラマの構造は起承転結が明らかで善悪の構造が明白に描かれる。
それで視聴者たちはドラマのストーリーと結末を簡単に類推して出すことができるのだ。
だが視聴者たちは'逃亡者'を見ながら,むしろ不快感を感じる。
視聴者たちは'逃亡者'を見ながら終始'なぜ?'という疑問を払い除けられない。
理由はこれまで一般的に見てきたドラマ構造ではないためだ。
'逃亡者'の核心素材は'葛藤'でなく'期待'だ。
'逃亡者'は散った破片らを集めて,大きい絵を合わせていく過程を通じて,事件を解決する探偵ドラマだ。
視聴者たちは'逃亡者Plan B'が今年のはじめ人気の下に放映された'チュノ'と似ていると考えた。
'チュノ'のクァク・ジョンファンPD-チョン・ソンイル作家コンビがもう一度手を取り合ったためだ。
だが蓋を開けた'逃亡者'とは'チュノ'とは距離が遠かった。
むしろ90年代旋風的な人気を呼んだ人気漫画'シティハンター'と似ている。
'逃亡者Plna B'で劇を導いていく主人公はチョン・ジフン(ジウ役)だ。
'チュノ′がチュノ屋が逃げた奴婢を追う大きい枠組みの構造で主人公のストーリーが続いて,視聴者たちが理解しやすい構造で作られたドラマである反面'逃亡者'はチョン・ジフンという人物が'逃亡者'である以前に'探偵'という素材で作られたドラマだ。
すべての状況はチョン・ジフンの計画,すなわち'Plan.B'により合わされて行く。
大きい枠組みの構造で'殺人容疑者,逃亡者'チョン・ジフンは重要でない。
事件を解いていく探偵が姿がドラマを導いていくジウの見た姿だ。
ジニ(イ・ナヨンの方)に依頼受けた事件がジウが解決しなければならない課題だ。
妙に自身の親友'ケビンの死'とジニが依頼した事件がからまっている。
これら全部状況をジウは鋭い解釈と対応で事件を組合を合わせて行く。
ジウが事件を解いていくためにどんな状況らを作り出すのかに対する'期待'がこのドラマを導いていく力だ。
28日放送分までジウはジニを囲んだ'陰謀'の実体を解き放すために色々な状況らを作り出したしその実体にほとんど接近した。
その間'主な敵'が誰なのか?なぜジニを殺そうとすることなのか?誰がジニのご両親を殺したことか?なぜケビンが死んだのか? に対する答えを探すために消す東奔西走した。
ジウはあらかじめ状況を予測して予測可能な状況らを作り出して,この事件に対する'実体'から把握して接近しようと思った。
だから今まで散らばっていた糸口らを集める過程が描かれた。
この過程で視聴者たちは理由を分からないまま走って逃げて戦う過程を理解し難かった。
もうその大変な過程らが少しずつ結実を結びながら'主な敵'に対する実体があらわれた。
だが本来重要なのは今からだ。
'探偵'ジウがどのように問題を解決するのかに対する視聴者たちの期待が大きくなっているため。
去る放送で'ジウ'はその実体に対して宣戦布告をした。
ジウがまたどんな超人的な能力で視聴者たちの予想を跳び越える活躍を行うのか視聴者たちの関心が集められている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3661-7bc1cc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。