プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピ,'パク・チニョンと戦略的パートナーであるだけJYP所属ではない'発言の意味

今週演芸家最大の話題はJYPのチェイテュネントテインモントゥ最大株主登板だ。
これはコスダック市場のある小さい会社に関連した公示に過ぎなかったがその内容を食い込めば芸能界ではビッグニュースだ。
パク・チニョンによって,雨でデビューして,成功したチョン・ジフンは3年前パク・チニョンの中を離れた。
彼はパク・チニョンも果たせなかったハリウッド進出でそびえ立った反面事業家あるいはプロデューサーとしては惨敗した。
一緒にチェイテュネントおよび系列会社の設立と株式売買などでモクトゥィノルランに包まれながら,道徳的な打撃を大きく(受ける)着た。
弱り目にたたり目でその論議の渦中で放送されたドラマ‘逃亡者プラン ピ’の視聴率まで低調で,四面楚歌に集まった。
こういう彼のすべての問題点あるいは疑惑らをただ漢方に飛び立たせた人がまさに彼の師匠パク・チニョンだった。
JYPのチェイテュネント最大株主登板という事実は休止に駆け上がったチェイテュネントの株価を上限値に引き上げて,個人投資家らに安堵のため息を与えたし非難されるピを眺めながら惜しんだ彼のファンたちにも明るい微笑を抱かせた。
そのだけではない.
雨はたとえハリウッドで主演俳優で活動する何ならない東洋の芸能人という派手な修飾語を持ったが実状故国の韓国で歌手としても俳優としてそれほど光れずにいる。
この前出した新しいレコードのピの名声に比べて低調な反応とドラマの失敗がこれを立証する。
しかしパク・チニョンは企画した商品ごとに常勝疾走している。
朴ジェボム事態にもかかわらず,2PMの人気は天を突き刺すようで,2AMも値打ちが天井知らずだ。
新鋭ミスエイもデビューするやいなやインギゴルグルプ隊列に堂々とのぼったし,ワンダー少女は誰がなんと言っても米国市場で堂々と成功した東洋の代表コルグループだ。
こういう企画能力と管理能力は明らかにピの音楽的進路を助けるものと見られる。
一方雨は公示後ホームページを通じて“パク・チニョンとの意気投合は単純パートナーとしての戦略的提携であるだけ,私がJYPエンターテイメント所属になったのではない"と明らかにして目を引く。
彼はまた"最高のシナジー効果を期待する単純なパートナーとしての戦略的提携であるだけ“これとし"私はチェイテュネントテインモントゥ所属芸能人であるだけ会社と関連したいかなる持分もなくて,権利も行使できないことを申し上げる"と付け加えた。
一緒に雨は来年末入隊する意向を明確にした。
入隊前有終の美をパク・チニョンと共に飾りたいとし,今回の公示内容の意味を説明した。
JYP所属でないことを強調したことに対して一部ファンたちは首をかしげることもできる。
しかしこれは雨の賢くて計算された発言で現実だ。
JYPがチェイテュンの大株主になるからといってピを思うままにすることにはならない。
チェイテュンも雨が所属芸能人だが,やはり思いのままにもめない。
すなわちJYPが大株主としてチェイテュンの経営権に参加することはあるがその会社所属芸能人まで統制することにはならないというのが株式会社の法則を強調しながら,パク・チニョンと共助体制を整えるだろうが一方的に言いなりになりはしないという自身の自尊心を強調したこと。
しかし雨が今回の公示で多いことを得た点だけは確実だ。
雨はパク・チニョンとパートナーとして戦略的提携をしたしチェイテュンに彼が権利を行使できないという点を強調した。
前文は以前のようにパク・チニョンの操縦を受けるのでなく同等な位置で先輩の助けを受けるという意味として自身の変わった地位を強調する内容.
後文はその間のモクトゥィノルランに終止符を打とうという意味だ。
もうチェイテュンの大株主はJYPで下落したチェイテュンの株価を上げているとこれ以上自身にモクトゥィオングプはやめてくれという強力な注文だ。
それならJYPは今回のチェイテュネの投資で一方的に雨などに与えるのみなのか?答は絶対そうではない。
最初のパク・チニョンは今回大義名分を得た。
JYPは硬い会社だ。
所属歌手らも全部うまく行っており経営も安定した。
他のエンターテイメント社に投資する理由がない。
しかし今回の彼らの犠牲で崖っぷちに集まった企画会社一つを生かすことはもちろん投資家らの喉笛を分からせてくれた。
だけでなくコスダック市場でのエンター社に対する否定的視線をある程度肯定的に変えた。
何より自身の中を離れた家出息子を何の条件なしで暖かくまた抱いた点が引き立って見える。
JYPがチェイテュンに投資しながら得る収益金は事実五里霧中だ。
それにもかかわらず,最大株式を買収してピの歩み(動向)に戦略的パトゥノシュィプを広げるということはひとまず‘惜しむことなしであたえる木’役割をするという意味.
もちろん彼らの努力如何によりチェイテュン株価上昇による収益を眺めることもできるだろうがそれは神様も仏様も分からない。
それが株式市場だ。
しかしエンター市場はある程度‘交戦の法則’はある。
今回のことで雨は西洋ことわざ一つを刻まなければならない。
‘Studies develop mind(学問はチ・ソンを育てる)’学んで身につけよう!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3827-f7bfb17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。