プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピ,ワールドツアー不発損賠訴勝訴確定

米国と中国などでのワールド ツアーが取り消しになって,公演企画会社から巨額の損害賠償請求訴訟にまきこまれた歌手ピ(実名チョン・ジフン)が最終勝訴した。
大法院1部(主審李仁復最高裁判事)は公演企画会社well madeスタエムが雨と当時所属会社のJYPエンターテイメントを相手に出した損害賠償請求訴訟で原告敗訴判決した原審を確定したと25日明らかにした。
雨とJYPは2006年スタエムと日本,中国,米国などの地で総35回の'レーン ワールドツアー(RAIN WOURLD TOUR)'を開く事に契約して同じ年10月からソウルを始めコンサートを開いた。
しかしピの芸名の'RAIN'を囲んだ商標権紛争などにより米国公演など残った16回公演が不発されたし,スタエムは"前払金100億ウォンを回してくれ"として訴訟を起こした。
だが1・2審は"米国と中国で公演がなされないのは雨などの責任でない"として雨とJYPの手をあげてくれた。
特に"北米公演が取り消しになったことに対する責任はスタエムにあって,中国公演取り消しに原因を提供したと見られる台湾居間(音楽祭作詞)との紛争も公演を企画したスタエムが解決する義務"と判示した。
大法院も1・2審のこのような判断を受け入れて,審理不続行棄却判決を下した。
審理不続行棄却は上告理由が法が規定した理由に含まれなければ心理なしに上告を棄却できる制度だ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3870-827ae927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。