プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"飛翔:太陽に近い"、主演雨'10月入隊"前の軍服クランクアップ

d
来る10月軍入隊を控えた歌手兼俳優のピ(本名鄭致薫)が主演した映画"飛翔(飞上):太陽の近く"が6ヶ月間の撮影を終えてクランクアップした。"飛翔"(監督キムドンウォン製作ポケットフィルム)製作社側は27日、"去る3月15日、ソウル江南(カンナム)のクラブで初撮影を開始して以来、約180日の大長征を終えて9月23日、ミサリの調整競技場ですべての撮影を終えた"と明らかにした。これとともに、軍服を着た雨などの出演陣の和気あいあいとした現場写真を公開して視線を集めた。最後の撮影は、テフン(チョンジフンの方)の無理な飛行で修羅場になったエアーショー会場のシーンで、ブラックイーグルス隊員だったテフンが21戦闘飛行団に左遷きっかけを用意する"飛翔"の初盤部だ。雨、シンセギョン、ユジュンサンなど出演俳優たちは、クランクアップよりも先に撮影を終わらせたが、"飛行訓練など、ハードな現場でしたが、意味のある作品に参加できて光栄だ"と所感を伝えた。引き継いで"撮影場へ行く道がいつも楽しく良かったが終わりだと思うととても残念だ。しかし、常に撮影現場が楽しくてさびしい心よりあとに出てくる映画がとても期待される"とし、映画に対する深い愛情を現わした。撮影を終えたキムドンウォン監督も"苦労した俳優たちをはじめ、スタッフ全員に感謝の気持ちだけ"とし"後半の作業に万全を期して、2012年に見事にビサンハルできるように、観客たちを失望させない作品で報いる"と強調した。一方、故申相玉監督の1964年作"赤いマフラー"をリメークした"飛翔"は、韓国戦争60周年を記念して製作を推進した作品だ。現在後半作業に拍車をかけている"飛翔"は、来年公開予定だ。
aaaaaaa
v
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4030-c0f06bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。