プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨'お別れプロジェクト"しようとして入隊を延期したところで、場所の許可の問題で中止の危機ふらふら

Rain(ピ)が軍入隊前の最後のプロジェクトを通じて、ファンたちと派手なお別れの挨拶をしようとしたが、このプロセスは決して容易ではなさそうだ。"江南(カンナム)韓流フェスティバル"が場所の問題で危機を経験しているのだ。最近のCJ E&M側によれば雨は10月9日、ソウル江南区島山大路と学童交差点までの距離で行われる江南区主催の"江南(カンナム)の韓流フェスティバル"で、軍入隊前の最後のフィナーレ舞台を飾ることにした。10月11日に入隊する雨の最後の舞台であり、1万人を無料で収容可能な野外ステージを広げることで知られてファンの期待を買った。彼こそ大々的な別れのプロジェクトだった。

しかし、公演を3日控えている現在でも準備がきしみをたてている。江南区庁関係者は"道路事情により、江南(カンナム)警察署側と協議中である。許可の問題がまだ完全に解決されなかった"とし、"島山には難しい場合は、永東大路の場所が変更される場合もある"と述べた。また他の江南(カンナム)区庁関係者は"場所の問題であるだけでイベント自体は、無理なく進行される。雨も参加して計画されているプログラムをすべて継続するだろう"とし、イベント自体の中止の危機に関連した内容につきましては、積極的に否定した。ピ側関係者も"雨が江南(カンナム)の韓流フェスティバルで軍入隊前の最後の舞台を持つことについては、変動がない"と答えた。雨は先立って10月4日に入隊することにしたが、江南(カンナム)の韓流フェスティバルを理由に、11日に入隊日を最終確定したと知らされた。少しでも早く入隊することが正しいと判断したが、軍入隊直前の江南(カンナム)区役所の広報大使で素敵な活動を見せて一緒にファンともまともなお別れの挨拶を交わすことができると判断したもの。それだけ今回の最後の舞台への情熱と意志を見せてきたわけだ。しかし、このような問題で、軍入隊直前に不要な頭を病むとなった。一方、ピは10月11日、京畿道議政府306補充隊を通じて現役で入隊する


*********************
[単独]ピ、お別れのプロジェクト中止の危機"クジラの戦いのせい?"


歌手兼俳優ピ(29、本名鄭致薫)の軍入隊前最後の公演が失敗に終わる危機に処した。来る9日、江南区が主催する韓流フェスティバルのメインプログラムであると同時にピの野外コンサートがわずか開催4日はい]を控えて、実際の取り消しかどうか議論が行き来している状況。ピはこのために当初の10月4日、入営日を頑張って一週間延期しながら関係者と公演の準備に力を注いできた。入隊前のファンに特別な最後のあいさつを伝えたいと思ったりもしたが、その間、江南区庁の広報大使として活動しながら、忙しいスケジュールのせい、実際に十分な役割をしていないは、自分でも申し訳ないという気持ちが大きく、今回の公演に対してより一層愛着を見せてきたところだ。しかし、今回の公演のためには、普段交通量が多い江南島山大路を防がなければならないわけで、交 ​​通の大きな混雑がもたらさことができ、そのまま進行するのは無理という問題提起が重要な状況。江南区庁側のある関係者は" デイリーならない"との電話通話で"ソウル江南(カンナム)警察書と警察庁では、島山大路の制御に難色を示し、責任が浮かんで渡すだけに汲々とし、協賛 ​​社であるCJグループ側は広報の問題で島山にのみ、あえてこだわっている状況だと公演の日が目のアプインデドどのようにしても結論を犯していないている状況"と説明した。先立ってピは自分が広報大使を務めている江南区で主催する韓流フェスティバルで、9日午後7時に予定された、メインステージを担当する予定だった。この行事は、1万人余りが収容可能な規模のスタンディング無料公演で、江南(カンナム)の住民だけではなく、外国人観光客にも大きな注目を集めるものと期待されており、音楽専門チャンネルMnetで11日夕方6時の特集で90分間放送される予定だった。特に雨が軍入隊を控えて最後に参加する公式行事でもあるにして残念なファンの心をなだめるための資格の場として、これまで多くのメディアの注目もされてきたことは事実。しかし、主催者側の責任転嫁式の態度のために雨は長い別れを前にしてファンとの嬉しい出会いと江南区の広報大使としての役目を極めることができる同時の機会を逃す可能性がある残念な境遇に置かれた。これに対して雨側関係者は"今回の公演で雨はチュルヨンマンすることであって関連するすべての業務は、CJの公演チームの方で担当している"とし"私たちもしっかり確認をして見る本当らしい。いまだに公演と関連し、どのような問題があるか、キャンセルの議論が行き来するなどの話は全く聞いたことがない"という立場を明らかにした。また、公演の協賛社であるCJ側は"ピのコンサートに関するお問い合わせは、受信困難である我々は、主催者側がないから、江南(カンナム)区役所でしか答えを確認してほしい"とし、ただ回避する姿だけ見せた。一方、ピは来る11日、京畿道議政府306補充隊を通じて現役で入隊する。[
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4036-3a456279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。