プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の前の涙、最後の食事は、プデチゲ...雨軍隊に行く日のビハインドストーリー

12日夜から入隊現場まで12時間のフルストーリ'ワールドスター'雨が'訓練兵'鄭致薫に生まれ変わった。ピは11日午後1時30分、京畿道議政府306補充隊に入所しながら、民間人の身分を一時的に脱ぐとなった。アジア全域から集まった1,000人余りのファンはチョンジフンの敬礼を受けて目がしらを赤らめた。雨も瞬間'かっと'という感じを受けたのか、"騒がしくていくようで申し訳ない"という言葉を残して表面化したの涙を隠して部隊に移動した。ここまでは、ファンと取材陣の前に公開された彼の入隊のコース。まだ彼の入隊の事実を受け入れることができない熱血ファンのために時計の針を逆に回してみた。彼の入隊前の12時からの知人の口と現場取材によって再構成してみた。12日の深夜〜午前7時=おもひでぽろぽろ雨の入隊前に夜には思い出をゴプシプヌン席だった。雨は知人と一緒に一晩中酒を傾けながら惜しさをなぐさめた。写真家で、ラッパーペクソンヒョン(ベッカ)が作ってくれたの席だった。デビュー後、通常の座を守ってきて積もった思い出を一つずつ思い出させて側近と懐抱を解いた。席を二度も移したが、酔いを感じる一行はなかった。ただ雰囲気に取っただけだった。深い友情を確認し、コーヒーはずっと傾斜を数回。時間は、撃たれた矢のようにすぐに経っており、いつのまにか夜明け棟トオゴていた。2時間ほど目を父親雨は家族に挨拶をするために、自宅へ向かった。彼は父ジョンギチュンオンウルに向かって大きなセクションを上げて涙を見せたという裏話だ。入隊している後姿を見られたくないという、彼の意に沿って、家族は、入所の道に同行していない。#午前7時〜午後1時=最後の昼食会は?見送りに出てきたダンサーなど、知人と再会した時刻は午前10時。彼が入隊前の社会の中で食べた最後の食事はジョチョルヘトダ。すぐに部隊チゲ。"何を食べるか'という質問に、彼は躊躇せずにプデチゲを叫んだ。議政府306補充隊の近くで部隊チゲを食べながら、"軍に行く人がプデチゲを食べてシプニャ"は、知人の冗談に笑いを見せた。議政府駅近くの喫茶店に席を移した彼は、長年一緒にした知人たちと談笑を交わして焦りを慰めた。軍生活を先に経験した人々に助言を聞くこともした。急物資受けることを準備するようにスタイリストに自分の靴のサイズと服の寸法を尋ねることもした。ピは部隊へと向かう車に上がる直前に、この瞬間を覚えていると思っていることを見送りにきた知人たちと記念写真撮影の場で提案した。20人が空き地に腰を据えて雨が後で合流に携帯電話で写真を残した。雨が瞬間的に登場するや、市民たちが訪れていた。#午後1時〜30分=沈黙の涙そして...袋の中で雨は別の場所で入所式が開始するまで待機した。すでに目がしらが赤くなった彼は最後まで同行したスタッフや知人と熱い抱擁を交わした。沈黙が流れたが、お互いに何を書いているか知ることができるのが知人の話。引率のために近づいてきた部隊の関係者がぎこちない雰囲気を消そうと、"昨日の夜から日本のファンが陣取っていた"とし、"議政府全体が大騒ぎだった"と話した。誰もここに返事していない。黙々と手を取り合って熱い抱擁を一回ごと加えた後、雨は訓練兵になって、練兵場にダルリョナガトダ。一行に向かって一度後を回って手を振ったのが全部。訓練兵チョンジフンはいつのまにか涙を収めて、悲壮な表情で入所同期たちと並んで立っていた
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4041-9b286f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。