プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広報支援隊転入てきた、歌手ピと出会う。 付き合い

記事投稿者は"国防広報院ブログ"付き合い""ぜひ!明示してください。

忠誠! 国防部勤務支援団広報支援隊一等兵チョン?ジフンです。

Q. 広報支援隊転入した後、5日程度が経った。 現在の状況は?

A. 転入前に、5分割の助手として服務した。
二ライダーまで教育を受け て勤務支援団広報支援隊転入したが、
国軍将兵の方々に何か大きな力に なってくれるだろうと考えにたくさんときめいています。

Q. 野戦部隊で一等兵に進級した、特級戦士に選抜され、進級早くしたと 聞いたが?

A. 軍隊は男なら誰も来なければならない義務である。 私も適応が早かっ た。
様々な訓練を最善を尽くしても受けた。 そして特級戦士になった理 由は、他ではなく、休暇がかかっていた。 ^ ^
私だけでなく、すべての兵 士たちが同様だったようである。 本当にこれを悪魚熱心にした。
元の持 久走をよくできないのに、ちょっと大げさな言葉で、
ほぼすべての臓器 を出して走ったことだけは本当に苦労して走って特級戦士になった。
幸 いなことに射撃はどのくらいの才能があるようだったよ。 射撃のスコア もよく受けて(20発中19発)特級戦士になった価値があった。

Q. 誰もが入隊し、訓練所で初夜の考えをするという。 本人はどんな思い をしたか?

A.様々な数多くの思いが交差した。 今一般人ではなく、
軍人の身分とし て軍服務期間の間、徹底的に国のために忠誠をするべきだと考えをたく さんした。
だから、適応するのに大きな支障はなかった。

Q. 訓練所で一番記憶に残 る訓練があったら?

A. すべての訓練がすべての記憶に残 る。
それでも、いくつかの話をして みれば、同期との粘着性がある愛情と友情、戦友愛を知ることができた 行軍である。
1シンギョデ、2シンギョデ合わせた100km強行軍をした が、大変な時助け合う協調性を学んだ。
除隊後にも良い思い出になるよ うだ。

Q. 広報支援隊転入前には、5師団新兵教育大助教で服務した。 助教はどのように選抜され、助教をしながら感じたことがあった ら?

A. 助教はサポートも可能で、面接を見て、可能な人を招集するこ とだ。
助教で服務して多く感じたのは、最初は人を教えるもの で、 "どのようにみると若干スィプゲトダ。"という考えもした が、
他の職種も大変だが、調教も大変な職務であると確信してい る。
助教をするには、訓練兵たちを教えるための知識の、教範を 習得しなければならない。
このような部分のために助手として転 入され、2 3ヶ月程度は助手の研究講義という制度があります。
研究講義を通過しなければなら助教記章を受けることができ、記 章を受けて、引き続き研究をしてまた勉強をしなければならな い。
他の人より1時間、2時間遅く寝て、他の人より1時間早く起 きなければなり、
訓練兵たちに模範を必要があるため、実際いろ いろと難しい点も多かった。

Q. 入隊前、入隊した後、本人は何が違っていた?

A.愛国心がたくさんできた。
国を守ることが一方では義務という 考え方より、自発的に愛国心を持たなければならないという気が したし、生きがいのある仕事だという気がした。
すばらしい仕事 をしているという考えに胸がいっぱいだ。

Q. 広報支援隊員として特別に引き受けたい国軍放送番組があった ら?

A. 入隊前、社会の中で芸能人という職業を持ちながら、演技と歌 で多く偏っていたが、
軍服務をして国軍放送ラジオプログラムを 引き受けてラジオの進行を見ることも良い経験になるようだ。
広報支援隊員として一定の多く忙しいが、国軍放送ラジオプログラ ムを進行してみたい。

Q. インタビューを終えて..

A. 今後国防部グンブジウォンダン広報支援隊員として多くの方々 の兵士がどのように服務して、
どのように生きがいのあるのかを たくさん広報し、皆さんに力になることが の一等兵チョン?ジフンになるようにします。

ありがとうござい ます。 これまでの広報支援隊一等兵チョン?ジフンでした。 忠誠!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4087-8a0aaa47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。