プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.6.2.3 World Tour in Thailand

6月2日・3日 Would Tour in Thailand インパクトアリーナ PM 8:00

タイコンサの強烈な印象は『ジフニの誘い』と『眉毛の湯気』だった。

ソルトシェイクの披露回数&一回当りの速度、振りの大きさ等々、ドームの3倍に感じたのは
気のせいではなかったよね。とにかくジフニが私達をすごく煽ってくるし、誘ってくるのよ!
会場の平均年齢が低かったから、精神的に余裕があったのかな?

私がジフニを正面から見てる時は、逆にTAKAPさん達の立ち位置からは、ジフニが逆光線で見えて、
普通は見えないものまで発見できるって!
『眉毛から湯気が出てたよ~』ってTAKAPさんから聞いた時、ゾクゾクして気が遠くなった。
そして以前sachiさんが発見していた右の腕毛の一本だけ長いヤツ、これすら確認できたらしい。

この赤ちゃんみたいな幼顔のどこからこんな色気とパワーが出てくるの?
やっぱり私は相当この人が好きで参ってることを、心底確認したバンコクだったわ♪



3日の分しか見れなかった私は、先に2日を見てファンミ参加後のみんなと深夜合流。
Rain×3の黒Tシャツ軍団を見て・・・ウーンやっぱりカッコいいですな~迫力あるし!
話を聞けば、今回ジフニがリラックスしてコンサに臨んでいて、いつもに増してノリノリだと!?
気分はもう会場に飛んで、なんか急かされてくるのよね~!
あと17時間が待ちきれない思いで落ち着かなかった~!

そうはいっても合流後は部屋で軽ーく飲みながら(それでもsachiさんはビールでは足りなくて、ウイス
キーをストレートで煽っていた)、4時過ぎまでジフニの事ばかり語り合って過ごし、化粧落して
風呂に入って3時間半寝て、またみんなで集合!
みぞれさんに起こった出来事の話(※番外編又はTAKAPさんレポ参照)で一笑いしてからお出かけ。
近くのスーパーで一通りMAMAラーメンやDutchMill、現地の新聞や雑誌をチェックしながらお買物。

一度ホテルに戻って一服したら、イザ!会場へ!!
時間はまだ13時頃だったと思う。けど、sachiさんやkさん、kさんのバンコク現地のお友達や私は
個人参戦組なので、スタンドB。あんなに大勢を詰め込むスタンドBだから、前方と後方では
ジフニの見え方が全然違ってしまう。少しでも近くでジフニを感じたかった。
このタイが生で見る最後のWTだという思いがあって、今日は絶対シッカリ目に焼きつける事だけしよう!
sachiさんの鼻息もそれは半端じゃなく、全員気合入りまくり。5時間以上並ぶ覚悟で会場に向かった。

会場に着いて猛ダッシュで指定場所に行ったら、まだ人も少なかったのでとりあえず一安心。
私はネットで予約していたチケットを交換しなければならなかった。
早速kさんが当たり前のように涼しい顔で「じゃ、取りに行こか。」
kさんたら、何事にもいちいち頼りがいがある当に男前だ~~♪

IMPACT ARENAは会場の規模的にはドームよりかなり面積は小さい。南国タイらしい解放的な
造りになっていて、蒸し熱い気候ながら気持ちが良い♪
それに、DutchMillはじめジフニが起用されているスポンサーの宣伝合戦が凄くて、アチコチで
イベントをやっていたから、あの長時間の待ちもだいぶ救われたのかも知れない。
私達が陣取って並んでいた場所は、丁度DutchMillブースの斜めあたりだったので、常にWith Uが
ガンガンかかっていて、いよいよコンサ気分を盛り上げてくれる。やっぱりこうでなくっちゃね!^^v

この並んでいる6時間の中でもいろーんな事があった。
Rain×3のファンの方が、sachiさんと記念写真を撮りにきたり、タイやマレーシアのファンクラブの人が
次々に声をかけてきて名刺交換、韓国メディアにも撮影されたよね。Sachi さん大忙し!
日本の他ブログの管理人さんも仲良く一緒に並んだ。

ジフニの入り待ちでは、車ごとサーッ来て館内の駐車場に入ってしまい、シャッターもすぐに閉まった
から、ジフニを見る事はできなかった。。

18時頃、私達の並んでいた先頭位置にキム部長が現れた!
すかさずkさんが用意した日本語と韓国語と英語のポスターを掲げながらアピアピ。
するとキム部長、デジカメを出してこっちをみてパチリ!ワーイ!ジフニも見てくれるかなー。

会場への入場の時は戦争のようだった。
みんなピリピリしていたみたいだったし、かなり危険な空気を感じたけど、何とか無事に入場できた。
sachiさんの気合も凄かったゼ^^;クールなハンサムkは普通と変わらない表情で、結局はsachiさん
と同じポジションに入ったのはサスガ!Kさんのお友達もkさんの隣だし、みんなそれぞれ最前列に
近い良いポジションが確保できた。

これで並んだ甲斐もあったとホッとして会場を見回してみたら・・・・はぁい?ここ、、狭っ!!!
これなら、2階席どころか3階席でもバッチリ見えて、コンサも楽しめるはず。
オーロラビジョン、デカっ!!でもこれは会場が小さいからそう感じるだけで、大きさはドームとほぼ
同じらしい。2階左席のタイクルム、張り切ってる!応援の練習したのね。とても良く揃ってる。



開演は大幅に遅れることなく、殆ど予定時刻通りに幕が上がった。
あ~~~~~ジフニ
一週間ぶりだね(; ;)
長かった(T T)
また一段と素敵な男になってる。。
色々あったんだよ私。。逢いたくて逢いたくて逢いたくて飛んで来たよ。私はここよ~~~っ!!!
って想いで、しょっぱなから号泣しながら手を振って声も出ない。

そういえば前方のドーナッツ席に人が入ってたのよね。こっちからは人見えないんだけど、始まったら
いきなり電光ボードやペンライトやCJのタオルだけがニュ~っと出てきて、あービックリした。
こっちから見るとちょっと怖かったですアソコ。

曲も構成もドームの時と同じ。ただFree Wayは当然ながら無かった。
乗っけから花道にドンドン出てきてくれるジフニ。今まで見た中で一番近くで見るジフニ。
今回は顔だけではなく、全身くまなく、パーツ毎に、キッチリ見て帰ろうと決めていた通りにマジマジと
ジフニを確認する。人に見られる職業って、大変だなぁ・・と妙に感心しながらも、ジフニの肌色チェック!
そして編みこみの髪はアッシュでキレイに染まっていて、ウィッグのように美しい髪質で。
1本でいいから私に頂戴!><!
ガン見の結果、やはりこの人は、なんて美しい人なんだろうと、改めてため息をついた。

MCは全て英語。呼びかけは「Baby」。よく笑っている。リラックスしてるな~オッ!早速ソルトシェイク!
それから後の振りっぷりは、もう大サービスといってよかったデス。腰、大丈夫?
凄かったのは、一瞬のシェイクの時にオーロラビジョンには⑱禁部分だけが映ったことよ!一回だけ
そんなことがあった。あれはワザとのサービス?偶然にしてはね、スゴイ。これ、ドームでやった?
私は初見だった。まるでRain×3へのサプライズプレゼント企画の様な・・・(+ +)

ドームと違っていたトコは、(覚えてる限りでゴメン!ですが)私の大好きな「ナ」のダンスの披露が
少なかった。けどこれはナ~!と叫んだ後耳に手をやって、私達の声を確認する事が多かったから。
相変わらず、この衣装はsachiさんに突っ込まれそうなものだったけど、やっぱりカッコよかった。
テ~ヤンはラストのパフォーマンスはアッサリしていた。ドームの時は鳥に成りきったような腕の動き
に見惚れたので、もう一回見たかったなぁ。

さあ!ここで特筆!「In My Bed」の後ですヨ! ジフニがあのギンギラバックルに手をかけた。
私は振っていたペンライトの動きがピタっと止まったし、TAKAPさんは号泣していたのに涙がピタっと
止まったらしい。
何をやるのかと思ったらズボンを下に微妙~に下ろすのよー!
会場内は悲鳴の嵐で、私も大喜びで「いいぞ~!もっとやれ~!!」っとまるでストリップ劇場通いの
オヤジ張りに叫んでしまった。
するとジフニは、その手を止めて(結局はいくらも下ろしてないし)右手の人差し指を横に振り
「チッチ!これ以上はダメだよ」風の仕草をして終わった。何だよ~ぬか喜びだけさせてー!
後になって「あの人差し指の意味は、どういう事だったんだろうね」なんて話したけど、きっと「これ以上
は⑱禁」ていう意味だったんじゃない?若い女の子も多かったし^^;

I'm coming では、ジフニのダンスに合わせてペンダントのプレートが激しくマイクにぶつかる音が
聞こえるんや、とsachiさんから聞いた通り、ドームでは拾えなかった音が今回シッカリ拾えたのは
嬉しかった。ダンスが激しくなってくると、動きの後追いするようにガチャガチャとプレートの当たる音。
ジフニが作っている音だと思うとただの音じゃない。どうしようもなく、愛おしかった。

何と言っても、ラストの「さよならの代わりに」を歌い終えてからのジフニは、きっと何時間見ていても
飽きないほど可憐で、生涯心に残る姿に違いない(T T)
ダンサーズと戯れて素で楽しそうだった。どう言っていいのか、言葉が見当たらない程のジフニだった。
ジフニの振りまくウォーターシャワーも浴びる事ができて大満足!


でも、私はドームで見たジフニも大好きだなぁ。あれだけ大きなドームで成功させなければならな
かったジフニの緊張感が伝わってくるような渾身のステージは、リラックスジフニとはまた別の意味で
ジフニの重要な岐路をシカと見届けることができたようで、とても意味のある貴重なものだった。

夢のようなコンサートは22時過ぎに終了した。
今度は会場の出待ちに急ぐ。やっぱりジフニに一言感謝と慰労の気持ちを表したいもんね。
待っている間、またキム部長が通りかかった。kさんと私の掲げていたポスターを発見して、キムさん
すぐに反応した。持ち主の顔チェックしてコクンと頷いたのを私は見逃さなかった。

出てきたジフニは早めに車に乗り込んでしまったけど、なんと途中でウィンドウを下げてくれた。
そして顔を出した位置にsachiさんがバッチリいた!sachiさん、子供が何かを求めるように両腕を
思いっきり伸ばしていて、本人が言うにはジフニとバッチリ視線が合ったって。

私はジフニの海外参戦も初めてだったし、スタンドも初体験だったけど、立ち位置によっては首と腰、
相当ヤラレます>< これから行く機会のある人は、覚悟してね~

怒涛のバンコクコンサは終了したし、あとは無事に早朝5時半にホテルロビーに集合しなければ
いけなかった。みんなフライトが8時頃だったし。
でも、私バンコクに来てタイ料理らしい味にまったく触れてない。。
ホテルに帰ったらkさんとkさんの地元のお友達が、屋台に誘ってくれた。時間はすでに深夜1時近か
ったけど。でもそこで食べたのがアタリで、辛いだけじゃなくて、それはそれは美味しかった。
バンコクに住むkさんのお友達は、まだ20代の日本人女性。かなりの美人さんだった。通訳から
何から何まで、本当にお世話になりました。ありがとう。

3人で食べてホテルに戻ったら、私の部屋ではsachiさん、TAKAPさん、みぞれさん、ゆきさんが、ジフニ
の事を語りながら酒盛りのたけなわだった。私たちは全員このまま寝ずにジフニを語って、そのまま
集合場所に行こうと腹を決めていた。なので酒盛りは続き、どうやら話の流れは、どうしても⑱禁の
方向に寄ってしまうのは、、、まぁ、Rain×3だしね!

フラフラで飛行機に乗って、私は離陸の瞬間も覚えていないまま、目が覚めたら着陸態勢に入って
いた。あー寝た。でもまだまだ眠かった。

ミルキーさん、あんなに辛い腰の状態でも、最後まで諦めずにバンコクにやって来たのはサスガ!
早く良くなっていつか一緒にね。
sachiさんはひまわりのような人だから、みんなこの人柄に魅かれて集まってくるのね。

私はバンコクに行く前、自分のスケジュールの事に頭が一杯で、つい大騒ぎしちゃった。
行けなかった人達、とっても行きたかったのに、ドームの直後だったり、家や仕事の状況が許さな
かったり、とても悲しかったと思うの。行きたいのに行けない、逢いたいのに逢えない、でも我慢
しなきゃならない、って本当に辛いよね。
そんな中で、気持ちよく送り出してくださって、本当にありがとう。
ここの人達、本当に善い人だなぁ。 by 薫

-special thanks 薫-
***************************************************:
「仲居頭みぞれの太腕繁盛記」 ~仲居コンビ珍道中~
出演 仲居 頭(みぞれ)
                       仲居 見習(TAKAP)
                       謎のナムジャ(???)

                    作  TAKAP
                    お囃子 みぞれ


2007年6月1日・・いよいよバンコクへ出発です。
私仲居見習は、師匠みぞれさんと共に成田から出発すべく
集合場所にいた・・
シッカリ物の私(自分で言う・・笑)は、
すでにレンタル電話の手続きを済ませ、飛行機乗り込みモードになっていた。
そこへメールが・・「もう電話借りた~?借りる場所どこ~?」・・・・
丁寧に教えて待つこと20分・・やっと師匠の登場である。
 師匠は、常に余裕の登場である。
 旅支度もA型とは思えぬ当日の準備で、
 しかもレンタル場所を書いたものをプリントしておいて、すっかり忘れた^^;
 そのほか忘れ物多数・・・すでに、今後起こる事件を予兆している。

出発までの1時間を喫茶店で過ごすことに・・
このコンビで喫茶店に入ってもコーヒーなど頼むはずは無く・・
生ビールをガブガブ飲み始め・・この出発前にすでに一人2杯づつ・・
気分良く成田を後にした・・(もちろん機内でもガンガンです~)
この日は、機内でたらふく飲んでいるので水を飲んで就寝。
 我々にビールは、パスポートと同じくらい重要である。
 この「命の水」ともいうべきビールがタイでは・・・(ToT)
 
2007年6月2日
夕べ2時半ころに寝てるのに、いつも起きる5時半には目が覚める。
仲居見習いの悲しい習性。今日はロクさんの朝ごはんは要らないのにね・・(笑)
これからsachiさんご一行とまちあわせのホテルに12時半に向かえばいい
少し時間に余裕のあるコンビ・・この空いた時間に今晩の酒を仕入れねば!!
早速近くのセブンイレブンにビールの買出し。
この時点で朝9時ころか・・
店内に入ってジフニの顔の入った牛乳発見!!なんだか妙に嬉しい。
そして缶ビールを数種類両手に抱えレジへ・・・
あ~ビール~冷えひえ~~~
レジのお兄さんが厳しい顔をして「NO. TIME~~~」なんだか駄目らしい
タイでは夕方の5時からしか、お酒は売ってくれないそうです・・・・
仲居コンビガッカリ><  
仕方ないので「おいしい緑茶」を購入。
(この緑茶、砂糖入りのなんとも形容しがたい飲み物だった><)
 ビールがないということは、ライフラインを断たれたも同じ!!
 禁断症状がでるまでに何とかせねば・・・
 しかし、この時は「夜だったら大丈夫!」と高を括っていた。

ウロウロしながらも行き先を相談しながら、明日のお昼はココにしよう!
なんて、お店のチェックも抜かりが無い。うん、完璧。
そして、初めてタイの電車に乗ることに・・目指すは「サイアム」駅。
タイの電車は以外にも、とても綺麗で快適。その上ジフニのCMが見れたりする。
サイアム駅に無事に到着。「まずは本屋でも見たいね。」そうこう探していると
駅直結のサイアムセンター(駅ビルのようなもの?)発見!!入り口には
超特大のジフニ看板が~バンコク万歳~!!!と思いながら写真を撮る。
このサイアムセンターいたるところにジフニが・・タイのファンの私物を
展示しているスペースや、撮影のときに着た衣装などなど・・
でも、ココで喜んで写真を撮っているのは仲居コンビだけでした。
(もう、すでに片付けようとしていた感じ・・)
 ここに展示してあったグッズ類のすばらしかったこと!!
 仲居頭みぞれのもうひとつの顔である「コレクターみぞれ」の魂に火を点けたぁ
 「ほ、欲しい~~」
 すべてがコレクター垂涎の品物。しかも、すでに撤収に入っていて、
 天井からのパネルなどをはずしていた。
 「ほ、欲しい~~」
 しかし、あんなにデカイものをどうやって日本へーーー!!!

目指すホテルは近い。「なんだか今日は完璧じゃない~(^^)」
なんていいながら時間があるので少し早めの昼食を取ることに
タイ東急のフードコートをうろうろ。「ちゃんとした物、食べたいよね」
そしてタイに来てるのに、わざわざ洋食のレストランへ。
もちろんビールを頼むのを絶対に忘れない、仲居頭みぞれ・・・。
ど~ん!と大きいハイネケンをコップに注ぎ「なんだかすごく順調じゃな~い?」
「うん。順調すぎて怖い~~~なんか絶対ありそう~この二人でここまで順調なんて
ありえない~~~」なんて会話があった><。
これが後に本当の事になるとは、このときまだ知る由もない。
お気楽~仲居コンビであった・・・。
 やっと、アルコールが身体に入り、ご機嫌のふたり。
 ビールは、350ml位のを想像してたので、ドンと大きなビンが置かれて、
びっくりした!
我々仲居コンビは、意外と胃腸が弱い・・・。
もしも、当ったらと不安で、この旅中も現地の名物は、一切口にしていない。
ジフニに会うまでは、死ねない覚悟!

無事にsachiさんご一行とも会えた。本当に1週間会わなかっただけなんだけど
外国でみんなの顔を見てホッとしたら泣きそうだった。みんな大好き~。
そこからバスで会場へ・・・ここも書きたい事が山盛りあるけど・・・
違う特派員にお任せしよう。
そして、いざインパクトアリーナへ。
 そーそー1週間ぶりだったんだね。
 ひどく懐かしいような、四六時中会っている家族のような本当に不思議な仲間である。
 薫さんの友達の友紀さんにも会えた。
 ジフニがホテルから出発しそうだったけど、バスが来るので泣く泣くホテルを後にした。

今回初めてBスタンディングの正面だった。
ジフニまでは、かなりの距離があったけど、みんなと近くで見るコンサートは初めてで、それだけで
泣けた・・ココに来られた事に、家族が健康な事に感謝して。
 インパクトアリーナは、舞台と客席が近く、お得なスタジアムである。
 ソウル、日本とかなり左よりから見ることになった私は、正面から見るジフニに大満足であった。
ジフニに呼ばれて、いつの間にかかなり前へ移動していたし・・・。

コンサート終了後、みんなと別れてタクシーに乗り込む仲居コンビ。
外は土砂降りの雨。もちろん行き先はKオッパの友人に頼んで言ってもらってある(笑)
目指すはホテルのそばのセブンイレブン~~~~(^^)
コンサート後の楽しい気分で、いざビール~~~~~。
またもや両手に抱えてレジへ・・
レジにたどり着く前に朝の店員のお兄さんに
「NO~~」
またもや時間が駄目だったらしい><
タイでは、お酒を売っていい時間は17:00~24:00迄との事。
え~~~~~また買えないの~~~?
せっかくホテル通り越してまで大雨の中コンビニまで来たのに・・・。
とぼとぼホテルまで雨にぬれながら歩く仲居コンビ・・
 ビール、ビールと電池の切れ掛かった我々は、
 土砂ぶりの中、わざわざホテルを素通りしてコンビニへ!!
 期待が大きかっただけに、ショーーーック!!!
 2時だよ、夜中だよ、他のことではかなりいい加減なタイだよ!
 なんで、酒だけ売れないのーー?!
 自暴自棄で傘をバックから取り出そうとした時、フト、嫌な予感めいたものが心を走った。
その時は、わからなかったけど。

それでも諦めきれずにホテルの冷蔵庫にあるお高いビールに
手を伸ばす・・・(コンビニの6倍位)1本だけねっ。と言いながら・・
ま~他にお金も使わないしね~なんて言いながら・・2本づつ・・・
なんだかコンビニのお兄さんが恨めしい夜だった。
 日本でもホテルのビールは高いが、タイの市場価格との差額にびっくり!
 普通の人は、時間も時間だし、飲まずに寝るところであるが・・・
 飲まずには寝られないのが我々仲居コンビである。

2007年6月3日
さ~今日も一日始まるぞ~昨日とは打って変わって8時起床。なんだか筋肉痛だし。
朝食を食べに行く支度をしている私の後ろから仲居頭の眠そうな声・・・
み「携帯無いみたい・・」
T「嘘~ん。ゆっくり探して。絶対有るから」
み「やっぱり無いみたい」
T「え~・・・・」
み「鳴らしてみてくれる?」
師匠の電話番号を押す・・数回鳴って留守番電話に・・でも、部屋で音がしない
「もう一回かけてみるね」・・・・
数回の呼び出し音の後・・
「ハロー」
知らない男のひとの声が電話口に響く・・・
「ディスハンドフォンロスト~」英語の苦手な私は必死だった・・・
相手はわかっていますと言ったが・・さて何語だったか・・
「ユーアージャパニーズ?」「イエ~ス」ココだけやけに声が大きくなる
「アイアムコリアン」なんだか少しだけほっとする。
「オ~カムサハムニダ」「コマスミダ~」ありがとうだけ連発・・・。
「そこはどこ?」相手の問いかけに、私は必死で
ホテル名を言うが相手は勿論「モルゲッソヨ」である・・。
「今日ピのコンサートへ行きますか・?」
「ネ~インパクトアリーナヨ~」
「では、5時にインパクトアリーナで会いましょう。またこの電話に電話してください」相手はたぶんこう言った・・。

心臓がどきどきである。後ろには仲居頭が期待のこもった眼差しで私を見つめている。
「相手は韓国人だったよ。拾ってくれたんだって。で、今日ピのコンサート会場で会いましょうって~~~」
伝えたとたんに
仲居頭お得意のみぞれ劇場に突入である!!
「え~!韓国の人?それって
ジフニの関係者じゃないの~~~~?いや~ん。素敵な出会い~~~」
いや~んは、こっちのセリフである。
自分が携帯落っことした事をすでに忘れている・・
中に自分の携帯のICチップ入りの大切なものだよ><
 そうです。事件は突然起こりました!!
 レンタルした携帯がない!?
 タイで拾われて使われたら、どういうことになるのか・・・。
 寝ぼけた頭が徐々に冴える!
 最後に見たのはどこで?
インパクトアリーナを出る時、1度確認したのは、鮮明に覚えている。
次は、PPホテルでも友紀さんから連絡あったかなと思って確認したような気がする・・・。
そして、あの土砂降りのコンビニ前で傘を取り出す時、無理に下の方から傘を抜き出した。
あの時かぁーー???
かなりな不安とともに今後取るべき処置、賠償額が頭の中を駆け巡る。
そしたら、見習いが英語をしゃべりだした~
誰かと通じたのか?間違い電話か??
そのうち「ネー、ネー」言い出し、「コマスミダ~」とか言ってる。
私でもわかるハングル!しかし、なんで、タイでハングル?
見習いが「拾ってくれたのは、韓国人だった・・」と言った時
拾われた事実よりも「韓国人が」にどっひゃ~ん(*^ ^*)V
「いや~ん。どうしよう。ジフニが拾ってくれたの?」
「だって、タイで韓国人男性で、ピのコンサートに行くか聞くなんて・・・・
絶対!!!関係者だよね~~」
その時私の眼の前には、ジフニ似の背の高い、
WTのスタッフIDカードを下げた若くてカッコイイ男が立っているのだった。
まさしく、運命の出会い!!
妄想モードの私に見習いの声は、届かない・・。

携帯電話も何とかなりそうだし、まだ朝ごはんを食べていないのに気づく仲居コンビ。
ゆきさんと合流して上機嫌でレストランへ、
さっきの話をひとしきりしながらレストランを後にしようとすると・・・
後ろから何やら追いかけてくる人が・・
また~師匠何か忘れたでしょ~><と思っていると・・
その方が「あの~ブログやってる方ですか?」と
「え~私がやってる訳じゃないですが・・なんで知ってるんですか?」
「ファンミの時コリアナホテルで写真撮ってましたよね?」
どうやらkオッパに抱きついてる師匠の写真をごらんになった方らしい・・
それにしても・・後ろ姿ですぐにわかってしまったそうだ(笑)
仲居頭後ろ姿も超有名だ。
 ははは・・。携帯電話事件もぶっ飛ぶ珍事!
 なんで、ブログに載った写真だけで、しかも、顔隠してんのに
 私だってわかんの? ^^;
 身体が有名な「仲居頭みぞれ」おそるべし!!

そして、sachiさんご一行の泊まっているホテルでまたもやハンドフォンロストの話をし、
近所のスーパーで買い物・・
きら~ん仲居コンビの瞳が光るっっ
今日こそビール買えるよね!!スーパーだもんね~。
期待に胸を膨らませつつ
レジに向かうコンビ・・レジのお兄さんはオカマちゃんだ。堂々と唇がピンク~
しかし・・またしても時間が私たちの敵にまわる。
オカマちゃんにまで「NO」と言われ、あえなく撃沈。  シューン>w<
 ホテルでsachiさんたちに携帯をなくした話をした時、
 1番身を乗り出したのが薫さん!
 私以上に「妄想おんな」の彼女は、例の彼との待ち合わせの場所に一緒に行くと言い出
した。
これからジフニのコンサに行くというのに、別の期待でムンムンしている我々であった。

そして、いよいよインパクトアリーナ。仲居頭とゆきさんと私は囲みだ。
したがって今日は、頼みの綱のsachiさんもkオッパも傍にいない・・
携帯を拾ってくれた方との約束の時間が近づいてくる・・・どきどき。
電話をしてみると相手が出た。すかさず「インパクトアリーナイッソヨ~」
相手が笑う・・必死すぎて可笑しいんだろう。「私もいます。四番ゲートに」
そこで電話が切れる。
急いで4番ゲートに向かう仲居コンビ。
なんだか汗で化粧も崩れる。4番ゲートへ着いてもう一度電話する。
相手が出る「ネーゲートエイッソヨ~」
ありとあらゆる知っているハングルを思い起こしても何も出てこない。
何でもっと勉強して来なかったんだろ。
こんなところでハングルが必要になるなんて~><
相手は通じない言葉に少々苛立ちはじめ、ついに恐ろしい問いかけを・・・
「キャンユースピークイングリッシュ?」
慌てる仲居見習い・・答えは、もちろん「NO!!」である。
そこに薫さんとゆきさんも加わってきた。「薫さん、英語できる?」
あっさりと・・「出来ない~~~」
そうこう話しているうちに「キャンユースピークハングル?」
少しほっとする仲居見習い・・「リトル~~~」なんだそりゃ。
すると相手はいきなり早口の韓国語でまくし立てる
う~~~~んなんとなく言っている事はわかるが・・早くて頭がボーっとしてくる
「自分はピンクのシャツを着ているが、あなたは何色か?」なんとかわかった。
「ブラックTシャツヨ~」なぜだか最後だけ、いつもヘヨ体になる・・変な日本人。
「フォーレイデイスブラックTシャツ。イッソヨ~」
まったく何語なんだか~意味のわからん言葉を連呼していると、
3番ゲートのほうからピンクのシャツを着た顔の大きい
見るからにハングクナムジャが電話をかけながらこっちに向かって歩いてくるっっっ。
薫さん、ゆきさんは後ろ向きで笑っている・・・
「現実はこんなものよね」
そこにすかさず仲居頭登場~
「カムサハムニダ~」手には地元特産の高級ピーナッツ
それをピンクシャツの彼にムンズと突き出し「高級ピーナツ!高級ピーナツ!」と連呼。
はじめはいいです。と断っていた彼も根気に負けたのか、怖かったのか・・
仲居頭からそれを受け取り立ち去って行った・・・。
未だに彼が誰なのかわからないが、親切な韓国の方だった・・
どうやら仲居見習いは、ハングルの勉強を1からやり直す必要があるらしい・・・
仲居頭は「スペシャルピーナツって言ったほうが良かったかな~?」と、一人つぶやく。
こらからコンサートなのに・・ものすごいエネルギーを使った。
 いや~!!期待が大きかっただけに、ピンクTシャツの彼が来た時、
 正直・・・引きました・・・。
「ア、 アキバ系か?」と思って!
 案の上、薫さんも横向いて、笑いながら後ずさりしてるし・・・。
 人は見た目じゃないよね!自分のこと棚に上げて、失礼でした!
 ピーナッツは、見習いにあげようと思って地元で買ってきたのを
 取り上げて渡したの。
 まるでラブレターを渡すかのようにして「高級ピーナッツ!」と恩着せがましく・・・
 全くとんでもないアジュンマである。
 どうも、PPホテルで拾ったらしく、ジフニの泊まったホテルだし、
 とてもそうは見えなかったけど、WTの関係者だと思う。
絶対!!ジフニが見つけてくれたんだと信じてるよ~
今回は、世界中の人に優しくされた旅だったよ・・・。
その中でも見習いのTAKAPさんには、1から10まで世話になったね!
今度会うときは「超―高級ピーナッツ」を渡すからね!
これに懲りずに今後も珍道中よ・ろ・し・く~♪

by TAKAP&みぞれ

-special thanks TAKAP&みぞれ-


2007年6月2日 International Fan Meeting #2 in Bangkok
       Pathumwan Princess Hotel 24:00pm

まず、今回私達がInternational Fan Meeting #2 in Bangkokに参加できたことと、
バンコク滞在中 終始肌理細やかに私達のケアをしてくれたことを
RainThailandのみなさんに深くお礼申し上げなければなりません。
RainThailandのみなさんとの交流はジフニがきっかけを与えてくれた私達への大きなプレゼントであり、
今は本当にRainThailandのみなさんへの感謝の気持ちで一杯です。


11:30am Pathumwan Princess Hotelロビー
ここはタイでのジフニの宿泊ホテルであり、
ロビーはコンサート期間中RainThailandスタッフの活動拠点にもなっている。
私達は今日のコンサート会場への往路/復路共にRainThailandが
自分達の移動のためチャーターしたバスに便乗させてもらうことになっていた。
コンサート終了時間と、インターミーティング開始時間、2つの会場の移動時間を考えると、
復路の移動手段を確保しておく必要があり、昨夜急遽バスに便乗させてもらえることになった。
(インパクトアリーナは最寄り駅から遠く、バスやタクシーを利用するほかに移動手段が無い。
おまけにタイの慢性的な交通渋滞は予測不可能)
「バスは12時出発です。ホテル前にバスを止めておくことが出来ません。
絶対に集合時間に遅れないように来て下さい。」
こう何度もクギをさされていた私達は集合時間の11:30am前にホテルに到着した。
ホテル玄関ではボディーチェックがある。空港のアレと同じ、荷物チェックを受けて四角い枠の中を通った。
別のホテルに部屋を取っていたみぞれさん、TAKAPさんにもココで初めて会った。
しばし東京ドーム以来1週間ぶりの再開を喜ぶ。
しばらくは再会の嬉しさにおしゃべりしていたが、
12時を過ぎでもRainThailandスタッフは まったりとソファーに陣取ったまま動こうとしない・・・
「大丈夫かな?私達のバスどれやろう?」と思いつつロビーの片隅で立ったまま待つ・・・
そうしている時、このホテル滞在で初海外ジフニ、
しかも1人で参戦なので面倒見てあげて欲しいと薫さんから頼まれていた友紀さんにも無事会うことが出来た。

ロビーは徐々に人であふれてきた、SPやスタッフのタグを下げてトランシーバーを手に持った人の動きも目に付くようになってきた。
もしやジフニ登場か????
昨日ジフニと接近遭遇した友紀さんによるとジフニは2階でエレベータを降りてエスカレータで1階まで下りてくるらしい。
(友紀さん海外初ジフニだが、ジフニ以外は初じゃないらしく、かなりの事情通だ(汗) 私達のほうがかなりお世話になった)
さっそくエスカレータ脇のベストポジションに移動。
その時、キム部長ニム登場!すかさず ”ありがとうTOKYO” のメッセージボードを見せ「キムさ~ん!」と小さく手を振る。
するとキム部長ニムはこちらを見て かるく会釈してくれた。 よっしゃ~今日もキム部長ゲッツ!アピールOK!(笑)
まだ待つ、時間は13:00pm・・・絶対遅れるなと言われた集合時間11:30amっていったい・・・何??
今回現地ガイド役をしてくれたタイに住んで7ヶ月の友人は「タイらしいでしょ・・・」と涼しい顔。
タイではこんなふうに時間が流れるらしい。
そうこうしてると友紀さんが情報を仕入れてきた。ジフニは14:00pmにホテルを出発するという。
やった~!早くもジフニ第1次接近遭遇かぁ~~!?バスよ~ まだ来るな~~!!

13:30pm RainThailandメンバーが動き出した、沢山の荷物を持ってホテル玄関前の車寄せまで移動。 
えっ、私達も??いやや~~あと30分でジフニに会えるのに~???
RainThailandのスタッフにジフニ出発時間「極秘」情報を伝えると、
ジフニの乗る車はまだスタンバってないし出発は17:00pmだと言う。
確かに今までのWTはそのぐらいの入り時間だったらしい。
でもロビーのSPの動きを見ていると今にもジフニが出てきそうで・・・(涙)
諦めてホテル玄関に出る。しばしバスに乗る全員で写真を撮ったりしながら待っていたが、
ついに私達の乗るバスが近くまで来たようでホテル前の道路脇まで移動。
ああ~ジフニ~会いたかったよ~(涙)
ところがまたココで待つ・・・30分位?とにかく暑かった。
しかも交通量が多くひどい排気ガス。日本人ニハ辛いデス。
辛そうな私達を見てRainThailandメンバーも話しかけたりお宝グッズ自慢をして退屈しないように気遣ってくれた。

14:30pmやっとバスが到着。
涼しい。生き返った。乗込むとすぐにジフニの曲をガンガンにかけ、踊りだす人 数名・・・(唖然)
ホテルからインパクトアリーナは渋滞を見込んで1時間ぐらいらしい。
ココまで長かったがコンサートチケット交換は17:00pmまで。余裕で間に合う。
バスの中では合唱とダンスが続く・・・写真撮影で盛り上がる・・・タイのファンは熱い。
このとき一番熱かった陽気なタイのおばちゃんは53歳。
キムタクのファンでもあるらしい・・・日本のおばちゃんパワーもまだまだや(汗)

30~40分程でバスが高速を下りた。前の席ではなにやら手を挙げて人数を数えている。
タイ語のわかる友人によるとが「”コーヒーいる人”って言ってる」とのこと。
缶コーヒーでも積んでるのかと思った私達はご好意を無駄にしてはいけないと遠慮なく手を挙げる。
バスは住宅街に入った。狭い道を切り返しながら進む。そして止まった。
しばらくするとココアとコーヒーを両手に持ってRainThailandメンバーが車内に戻ってきた、
透明のカップにいっぱいの氷とコーヒー。ストローが刺してある。
どうやらお店で出来たてコーヒーを調達するらしい。
友人によると、わざわざ住宅街に入ってココに立ち寄るくらいだからおいしいか誰かの知り合いの店かどっちかだね・・・とのこと。
タイの飲み物は甘い。ペットボトル入りの日本風の緑茶にまで砂糖が入っている。
ほんとにおいしいコーヒーにありつけるのか? しかし、味よりも注意すべきは氷。
危険だ。るなちゃんが水はもちろん氷に気をつけろって言ってたしな・・・(汗)
結局お腹の弱い数名は恐ろしくて口をつけることが出来ず・・・お金だけ払った(涙) ちなみに私は飲みました。とってもおいしかったです。
RainThailandメンバーはコーヒーと共にお弁当も調達した様子。
30分以上ををここで費やして再出発!
しかし、住宅街を抜け出すことが出来ない。
道が狭く電線が低い位置で道路を横切っているため大型バスが通れないらしい。
通れそうな道を探して行ったり来たり・・・でもダメ。仕方なく来た道を引き返す。(
おいおい、大丈夫か?間に合うのか?段々不安になってきた)

そうこうしてるとsachiさんの携帯にメールが来た。
ジフニは16:30pmニコニコしながらホテルを出たという。
そっか~そんな時間に出たんじゃ会えなくても仕方なかったね~と、出待ちできなかったことに納得。
電線を気にしながら住宅街を彷徨っていると、
またsachiさんにメール。ジフニがインパクトアリーナに入ったという。
マジで~~~?! 30分しか経ってないよ~~2時間近くもバスに乗ってる私達っていったい・・・(苦笑)
こうして結局来た道を住宅街入口まで戻り、渋滞を抜け、やっと会場にたどり着いた。
ココまで長かった・・・ジフニが30分で移動したところを私達はバス待ち3時間、移動2時間、合計5時間かかって到着した。
レポートも思いもよらず長くなってしまってますが、もう少し珍道中にお付き合いください(ペコリ)


【コンサートについては他の方のレポートを見てくださいね~】


22:20 IMPACT Arena
コンサート終了
すぐにRainThailandとの待ち合わせ場所へ急ぐ。
会場を出てきてビックリ!外は大雨。さすがRainだ。やってくれる。
帰りはさすがに行動が早い早い。人数を確認してすぐに出発。
すばらしいステージにみんな興奮冷めやらぬ様子。
しかし、やっぱり渋滞。
私達のバスが動けないでいるとRainThailandのメンバーが外を指差し「アレ、Rainの車です」と教えてくれた。
ジフニの車は渋滞をすり抜けてあっという間に行ってしまった。
まだコンサートが終わって30分も経ってない。
ジフニもインターミーティングへ急いでるのかな。うふっ・・・ジフニ後でね。

23:30pmホテル到着。既に受付開始時刻だ。RainThailandスタッフもピリピリしている。
すぐにホテル上階Mフロアの会場に向かう。
エスカレータを2階まで上がったところでチェックがあった。
キーを持っている宿泊客かインターミーティングのチケットを持っていないと入れない。
オロオロしながらSPにチケットを見せRainThailandスタッフに置いていかれないように続く。

バンケットルームの前には既に入場を待つ列ができていた。
RainThailandスタッフは先に部屋の中へ消えていった。

今回のインターミーティングはタイのファンは参加できない。タイ側はスタッフのみ。
世界中からバンコクへジフニのコンサートを見に来る海外ファンのためにRainThailandが苦労して作ってくれた場だ。
受付開始を待っている間にトイレでちょっとだけお化粧直し。
しかし、スタンディングでのコンサートに備え、極力荷物を減らしてきてるので化粧品を持ってきておらず、
大していい女に変身できるわけじゃない。汗だくの化粧ハゲハゲはどうしようもない(涙)
みぞれさんが消臭スプレーを持っていたので、せめて汗臭さは消そうとみんなでシューした。(笑)

受付は、国単位でまとまってするらしい、
Hongkong、Taiwan、Singapore、China、Vietnam、Malaysia、Philippines、Indonesia、Korea・・・
国名が印刷された小さな三角の旗を手に持った各国のリーダーの周りにそれぞれ集まっている様子。
国単位でないのはどうやら私達を含む3つのサイトだけのようだ。
3つのサイト名が連記された小旗を持ったRainThailandスタッフが
私達の名前とパスポートナンバーが書かれた名簿と照合、
参加証となるリストバンドを手首に巻いてくれてやっと入場した。
正面に小さなステージ、椅子はすべてステージのほうを向いて並べられていた、テーブルは無し。
席は決まっておらず、先に入場した人達で既に半分以上埋まっていた。
各自食事を取りに行きなさいと言われ、会場隅の列に並ぶ。
メニューはPADTHAI(タイ風焼きそば)、フルーツ、コーラ、紙パックのDutch Mill。 
焼きそばには粉末状のいろんなトッピングか添えられていた。
白いのやら黒いのやら黄色いのやら・・・友達が説明してくれたけど覚えてるのは砂糖だけ。
へっ?焼きそばに砂糖って?! かなりお腹はすいていたけど味はびみょ~。だって何もかけなくても甘いんだもん。
甘い焼きそばなんて食べたことがなかったもん。ごめんね、日本人の口には合わなかったよ。
Dutch Millは前に飲んだことがあった。
これも甘いの。甘いヤ○ルト○ョアって感じかな?一応これも頂く。

食事をお皿に盛り終えてふと振り返ると、
すぐ脇にたった今15席程度の椅子が追加された様子。すかさず座る。やったーRain×3全員最前列確保~~!!
次々と気付いた人達が私達の後ろに座る。
思わぬ良席に喜んでいると、RainThailandスタッフが来て
「最前列は座ってはいけない。順に1列ずつ後ろに下がってください」と言う。ええ~っ そんな~(涙)。
私達が立ち上がっても後ろは誰も動こうとしない。
そりゃそうだ、せっかく確保した良席だもの、誰だって動きたくない。スタッフは困り顔。
RainThailandのスタッフがこっちに来いと腕を引っ張って、逆サイドの最前列に座らせてくれた。
またまたありがとうRainThailandの友よ~~(涙)

0:40am 食事を終えた頃、40分遅れでRainThailandのスタッフの挨拶が始まった。
どうやら英語で進行される様子。
最初に参加国の紹介があった。一番にJAPANと紹介され立ち上がって会場から歓迎の拍手を受ける。
先に書いた国以外にも、カナダ、オーストラリア、マカオなどが紹介された。
総勢250人。世界中から集まったRainを愛する仲間達。
この場にいられることはとても光栄で誇らしいくて嬉しい。

次にダンスの披露があるという。
そういえばかなり前からバンコクではコンサートのプレイベントとして
ダンスコンテストをやっいることをRainThailandの友達から聞いていた。
Little Rainと呼ばれる男の子がカッコよく踊るビデオクリップをメールで送ってくれたこともあったっけ。
Little Rainのダンスをジフニに見もてもらいたいとも言ってたな~。
(でも今回ダンスしたのはそのビデオクリップの子ではないようでした)
今日のダンサーズは小学校5、6年生くらいの男の子1人と女性2人男性2人。
この男の子、めっちゃかわいくてダンスはカッコよくて~~サイコ~!!
会場の大声援とアンコールで2回目のダンス披露。 
逆サイドでもやれって事で3回目(笑)
この時のダンスの様子はYou Tubeで見れます(これはtake3のようです)
 http://www.youtube.com/watch?v=Rhq2-pJ5KQo
踊り終わると沢山の人がきゃ~きゃ~彼の周りに集まって来て誰も司会者の話を聞かず、
司会者がステージを下りて注意を促す破目に。

そしてRainThailand Admin Teamの紹介。
みんな今日のために沢山準備して頑張ってくれたんだよね。本当にありがとう。

続いて抽選会。ポスターやDutch MillのTシャツ、手帳(?)、RainThailandの大きな横断幕みたいなのもあった。
3メートルはあろうかというこの横断幕。
「要らない人は言ってくださいね。次の人にあげますから。」なんて言ってたけど、
当たった人はちゃんと貰ってたよ。

1:30am抽選会が続いていたが、ステージ袖がなんだかあわただしくなってきた。
ステージ上も抽選会を早く終わらせようとしているのがわかる。
ついにジフニ登場かぁ????Rain×3メンバー一気にヒートアッープ!!心臓バクバク状態(笑)
韓国クルムの役員さんが出てきて韓国語で挨拶。
それを隣りで英語に訳してくれた韓国人の若い女の子はどこかで見たことがある。
韓国ファンミの時か?とても流暢で早口の英語で私にはほとんど聞き取れず(汗)

いつも冷静(?)な私としたことが、この時どんな挨拶だったかほとんど記憶なし。
てか、流暢な英語で聞き取れなかったってことにしておこう(汗)
ただ、「カメラをしまってください。写真もビデオも撮らないで。」
と何回も繰り返して言ってたことは確かです(苦笑)

さあ!ついにジフニ登場か。ワクワク。入口にキム部長も来てる。
「happy birthdayを歌みんなで歌おう。
3回繰り返して歌ってください」ってRainThailandスタッフが言った。
そうか、もうすぐ誕生日だもんね。
1.2.3で大合唱 ♪HAPPY BIRTHDAY TO YOU~♪ 一同張り切って歌いだす
「ストップ!ストップ!」スタッフが止めた。 「もっと静かに歌ってください」

 ああ、そうね、真夜中だもんね。でも今だけはいいんじゃないの??
小声でもう一度 ♪happy birthday to you~♪ 
歌いだすと、キターーーーーー!!ジフニ登場!!!

そして小さくてかわいくて普通(笑)のケーキがジフニの前へ。
1回目歌い終えるとジフニが「ふぅ~~っ」ってロウソクを消しちゃった。
あらら・・・(汗) 一同 苦笑。 ジフニ きょとん。
クスクス笑いながらも2回歌い終えて歌のプレゼントは終了。
ジフニはジーンズに黄色のWTタイ公演スタッフTシャツ、カーキ色のニット帽
。シャワーを浴びてビールでも飲んだのか、スッキリさわやかな顔の目の周りがほんのり紅い。
( くぅ~~っ!ええゾ~かわいいぞ~~)
なんの打ち合わせも無くステージに立たされて何を言ったらいいのかな?どうしよう?
みたいな空気の中、なにか英語で言ってたような気がするけど・・・ここでもまったく記憶無し(すまん)
でも私達のメッセージボード「일본말이 아주 잘해요(日本語がとても上手です)」
「ありがとうTOKYO」「マジ、あいしてる」「고마워요(ありがとう)TOKYO」をチラ見して目で合図、
ちっちゃく頷いてくれたよ~良かった~~ジフニ見てくれた~
私達の気持ち伝わったよね~気のせいじゃないよね・・・(感涙)

ここで再びダンサーズの登場。コレで4回目ジフニの前でダンス披露。
お疲れさん。君達は今日のスターだね。
ジフニも嬉しそうにダンサーズに注目。
ダンサーズはちょうど私達の前で踊ったんだけど、ジフニはダンスの間ず~っとダンサーズから視線を外さず。
さすがだね・・・となぜか感心してしまった。
ダンス終了後、ジフニはダンサーズを褒めて、
その後また英語でなんか喋ったかも知れんけど記憶喪失・・・
たぶん「これからもっと大きな世界のRainになるよう頑張るのでいつもそばにいてください」
みたいな事だった気がします(汗)
ジフニの滞在時間10分ほどでした。

ああ~帰っちゃった~~でもかわいかったね~~なんてデレデレしていたらすぐに
韓国クルムのクラウドマスターが出てきて韓国語と英語通訳で挨拶。
笑顔がステキなほんわかした感じの方で
とってもいい人だってひと目見ただけでわかるようなステキな方でした。
控えめだけど存在感があるかわいらしい方でした。
ああ、この方ならジフニのこと任せられる と思える方でした。

ステージでは抽選会再開。
ところが途中で、RainThailandスタッフが深刻な表情で
「Rainの写真を撮った人がいますね、撮った人は正直に言ってください。」って言った。

ええ~っ!あれほどカメラしまえって言ってたのに!誰や!!そんなことするんは!楽しい会が台無しや~~(怒)
結局誰も名乗り出る人はおらず。とにかく撮った写真は消去してくださいってことになった。
このことでRainThailandスタッフもかなりショックを受けている様子でかわいそう。
せっかく頑張ってみんなのためにこの場を作ってくれてるのに、
席のことでも写真のことでも手を焼かせちゃって申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

気を取り直して抽選会に戻る。
一通り終わったところで「皆さん眠いですかぁ?」って?そりゃそうだ、もう2時(日本時間で4時)だよ・・・
「ダンスしたいですか~?」 ええ~っ?またダンス??5回目?? 
「Let’s DANCE!! 前に出てください~!!」ええ~っ??私達が踊るんかい??
「with U」でRainThailandスタッフが踊りだした。
最前列のRain×3も促されて前へ。 え~い!踊っちゃえ~~!!

踊りの輪に入る。なんだか阿波踊りみたいなRainThailandスタッフに合わせて踊る。
あはは・・・踊るなんて何年ぶりだ(滝汗)
さっきまでの嫌な雰囲気も一気に晴れた。
RainThailandのみんなと写真を撮ったりハグしたり。はしゃぎまくった。
でもはしゃいで踊ってたのは結局RainThailandとRain×3だけだったね・・・(汗)
ひとしきり踊ってお開きとなった・・・


今回、バンコクに行ってから日本からのインターミーティング参加者が少ないことを知った。
日本に帰ってから日本の参加者枠は15人だったらしいこと。
行きたい人がいても申し込み窓口わからなかったことを知った。
知らなかったとはいえ、参加したい人が参加できなかった要因に
私自身が大きく関わっていたことを知ってショックだった。
他人の言葉に傷ついたりもした。事実を知ってもらおうとしても伝わらない苦しさを感じた。
行きたかったのに行けなかった皆さん本当にごめんなさい。
RainThailandもRain×3も私も決して情報を隠していたわけではありません。
RainThailand にはテロが頻発する国内事情からタイ公式サイトで募集できなかった事情があったと思われ、
またRainThailandが参加者とりまとめを依頼してきた日本のあるファンサイト上にも記事を載せられない理由がありました。
JYPEにリンクされている日本公式サイトが
ワールドファンクラブのThe Cloudとは別組織のCloudJapanであるという日本の特殊事情もあったと思います。

お互いの行き違いから行きたい人が何処に問い合わせても申込窓口がわからない状態になってしまっていました。
私自身はそんなことすら知らない状態でした。
まさか、ジフニファンとしてまだまだひよっこでRain×3以外のファンサイトについてもほとんど何も知らない私が
そんなに大きく関わっていたなんて思いもしませんでした。

今回のタイでのファンクラブミーティングは特例だったかもしれません。
通常は各国の公式サイトで募集があると思いますので、
ファンクラブミーティングへ参加希望の方は公演日程が決まったら各国の公式サイトを
マメにチェックすることをお勧めします。
(ちなみに6月開催予定のアメリカツアーでは、NYとLAでファンクラブミーティングが計画されていて、
まだ少し残席があるようです(6/12現在) USA公式サイトから申し込み出来ます)

WTアジア最終公演といわれている今回のタイ公演。本当にすばらしいコンサートだった。
ソウル-台湾-東京-タイ 私の見た6回の公演の中でも最高のステージだったよ。
ありがとうジフニ。ありがとうRainThailand。ありがとう仲間達。

これからますます大きくなっていくジフニをみんなで一緒に応援していこう。
日本の雲が、世界の雲が大きなひとつの雲となって彼を支えることが出来るように。
No matter what happens, We will stand by U.
                              written by k (k@JPN)

-special thanks k-

******************************

今回のファンミは最初から「Rain Rain Rain」を名乗って出席するつもりもなく
単なるkさんの友人達という形で出席するつもりでした。
しかし、私たち出席者が他のサイトの人間だと間違い続けられ
(これはファンミを取り仕切るRain Thailand側もかなり混乱していた事によるものだと思います)
しかもそのサイトの名前を絶対名乗って欲しくないと言われていたため
急遽「Rain Rain Rain」のサイト名を出して出席することに決めました。
私たちは他のサイトを利用して今回出席できたわけでもなく
出席しようとしたわけではないこと、
ファンミの情報を隠していたのではない事ををどうぞご理解ください。
たくさんの混乱と誤解の中でこのような事態になったのだと思います。
今回タイファンミに関して、そしてその後の事態に
私自身も深く傷つき、心を痛めました。
たくさんの心を痛める人達が出てしまった事を本当に残念に思います。

このような場に出席出来た事を、
そして終始気遣ってくれたRain Thailandの皆さんに深く感謝します。

そして、ファンミのレポをあえて書いてくれたkさんに感謝します。

                                Admin sachi

t2_20130320122553.jpgt6_20130320122553.jpg


t15.jpgt53.jpg

6-6-17.jpg6-6-15.jpg

004-1.jpg003-1.jpg

015-1.jpg

tai2.jpgtai10.jpg

tai9.jpgtai8.jpg

tai5.jpgtai4.jpg


tai7.jpgtai1.jpg

tai3.jpg

tai11.jpg

000-1.jpg

[広告] VPS

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4195-5379e81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。