プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.7.27 Korea fanmeeteing

7月27日 韓国ファンミーティング in オリンピックホール


Summer Vacation with Rain

―Rain’s Fan Meeting in Korea― 2008年7月27日(日曜日)


ファンミーティングは、4回目の参加にして初のド正面の席でした^^

今回のファンミは15時開演という異例の早い開始。
開演30分前には着席して、一通り写真撮影や双眼鏡をチェックして開始を待った。 
集まる皆の‘浮き浮きドキドキ感’が会場に充満するころ、
韓国クルムの会長さんからの挨拶と諸々の説明が始まる。
ここでの特筆すべき点は、我が日本雲を代表する‘りえさん’の登場だ! 
彼女は、美人ですらりとしたルックスのうえ、スバラシイ才女。
会長さんが韓国雲に向けて説明をした後に、日本語で通訳!
(助かりました~^^できれば、ズーッとステージにいて通訳して戴きたかった >< )。
その後、中国語で通訳…会場がどよめく。更に続けて英語で通訳!!! 
これには会場が、割れんばかりのどよめきでした。 
ブラボ~♪♪♪ ファンミを通して最高のHzを記録したかも…と私には思えた。
(なんせ語学に疎いもんで^^; 非常に感動しました。)

開演予定の15時を10分過ぎようとする頃、
ステージに向かって右前方(World席)より歓声が起こる!
「何?何?」拍手も起こっている。…あっ!アボジ!お父様だ。
会場中がお父様に気づいて拍手で迎える。
・・・オモ!オモ!こちらへ向かっていらっしゃる。
私たちの前に席が空いていたので「ここに座るんちゃう?」と笑顔のkさん。
その期待とは裏腹に、静々と落ち着いた様子で目の前を通り過ぎるアボジ。
前回釜山で見たときより引き締まっておられた。
そのせいか一層ダンディに感じた。そしてみぞれさんの待つ左前方のJapan席の最前列へ。
お父様の着席とほぼ同時に会場は暗転、前方スクリーンにビデオが流れる。
BGMは♪I do♪ ビデオはJapanファンミと24hourからのもので、
可愛い비、カッコいい비、sexyな비に奇声&歓声があがる。

ビデオ終了と共にステージが明るくなり♪하루도♪が始まる。
白い薄い幕の向こうに待ち焦がれた비がいる。
テグでの思い出深い 하루도 を歌い上げる우리비。
前述の薄いベールに照明が幻想的にあてられる。再会の演出としては神秘的で素敵だった。
会場の雲と비の間にかかる、そのベールが曲のサビに入ると上がるものだと思って、
会場の歓声も大きくなる。が、しかしこのベールは最後まで上がることはなかった。

なんだよ~~~><、とブゥたれていると、♪태양…♪だ~! 
この~っさすが!わかってらっしゃる! 
紅い大きな太陽をバックに、これでもかと비のスタイル美を強調したDance。
激しいDanceよりも、こういったしっとり…ねっとり…したDanceが好き!
태양を熱唱する비に、双眼鏡を握り締めウットリそしてガン見。
歌が終わると、カッコいい가수비から可愛い비になる^^ 
「こんにちは~お元気でしたか~お久しぶりで~す。」
一通り挨拶した後に、ジェドンさんを紹介、素のジフニ満載のトークが始まる。
とにかく喋る!喋る!喋る!…どんだけ喋んねん!
と言語の理解できないものにしてみれば、突っ込みたくなるほど喋る。
だけど楽しそうに、そして嬉しそうにしている笑顔が可愛いから…許す。
そんなジフニを一瞬たりとも見逃すまいと、これまたガン見。
しか~し、このまま終わるのではないかと内心焦り時間をチェック
…おぉ!もう4時だよ~><、、

そんな心情を察してか、はたまた進行表通りなのか、ファンからの催しへと進む。
各国雲からのプレゼントを紹介&トーク。
とにかく喋っている意味が良くわからない(トホホッ)。
会場の韓国雲たちと楽しそうに、掛け合いしている姿が羨ましかった。

ファンの余興が始まる。まずは、子どもたちのDance。
子どもが可愛くて仕方ない様子の비。
自分も男の子一人に、可愛い女の子二人欲しい!とか言っちゃってるし、
フフッ それなら早く結婚しないとね~^^ 
それにしても、執拗なほど男の子に絡んでいたなぁ~。相変わらずお茶目な비君だよ。 
その男の子に、カッコいいけど歌は今一!
みたいなことを言われたジフン君…その固まり加減ときたら最高に面白かった。
あれはマジ凹んだ感じだね。 
引き続き台湾からの24hourパロディ(?) ショー。
終了後のハグそしてプレゼントを受け取った後にもハグ。
2回もーーーっ!><なんて思ったけど、
後からファンカメの映像を見ると2度目のハグは適当に流してるね。クックックッ(完全なる妬み)

待ちに待った(であろう)プレゼント抽選会。
Japan席の数字を無理やり日本語で読み上げる비
…しかもウロ覚えの日本語だから、○列11番を何故だか○列ハッピャクバンと読み上げる>o< 
オイオイなんでなんだよ~!しかも800番なんて席存在しないから~(笑)



一旦ステージ裏に引っ込むジフニ。
その後、ステージに一人残ったジェドンさんが挨拶をする。
言葉が全く理解できなかったけど、韓国雲が感動しているのが伝わってきて、
なんだか意味もわからず感動したの…
そしたらジェドンさん、最後に韓国式のお辞儀を…これまたジーンときたね。
비は愛されているね。 ジェドンさんは会場の皆の拍手を受けながら退場。 

비の登場を待っていると、
隣からkさんが「水が出るんじゃない?ほらアリーナでキムさんが何か説明してるよ。」
本当だ、みんな今回のドレスコードのパーカーを着用しフードを被っている。
パーカーを忘れた人はタオルを被っている。
パーン!(といったかどうかは定かではないが)歓声が上がる。
アリーナ席両サイド中央付近から水が発射された。
一瞬だったし水だったので紙吹雪のような余韻はない。
アリーナからの歓声が、水を浴びたことの確認になった。

そして久々のダンサー君たちをバックに♪Its raining♪
何故かこのあたりの記憶が曖昧なので詳細は省略
(というかDanceしか覚えていない、ごめんなさい)。

アンコールは、会場一丸となっての「Jung ji hoon」コール!
 左前方より歓声が…そう!なんとクレーンに乗った비が、
♪With U♪と共に登場~~~(意外な登場に驚き~)!! 
だけどこのクレーンが、グイーーンと上昇し始めたときは、
おぉーーー!と感激&期待したのに、
えーーーっ!これだけ~~~~ってな程に伸びない…余りの極小サイズにアイゴ~>< 
しかもクレーンのアームの回転が3分の1程度で、なんなんだよ~って感じ。
だけど面白かったよ~。
何か撒いているぞ~!音外しているぞ~!それに気づいてないぞ~!とね。
それでもって、クレーン下の雲たちは必死に受け取ろうとしているし、
비は曲内に配り終えようと必死だし(笑)  
歌い終える頃に、クレーンはステージ際まで下がり비は降り立つ。
そして最後の挨拶。日本と韓国のファンミの違いは、言語や内容だけではない。
日本のファンに対して비のスタンスは
「来ていただいて本当にありがとうございます。
お会いできて嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いします。
みなさん、愛しています。」と礼儀正しく、かしこまった感じ。
これが韓国のファンの前に立つと
「楽しめた?今日は本当にありがとう。(雲:やだ~まだ~)わかってる、わかってる。
僕だってさびしいよ。(雲:サランへ~)僕も愛してるさ。」
みたいな完全に兄貴的なスタンスに感じる。羨ましいよなぁ。
このことを、韓国クルムの方に伝えると、彼女たちは彼女たちで日本雲が羨ましいそうだ。
なんとなく特別な感じに思えるんだって。
それは、こっちの台詞だよ~。

終わってみれば約2時間半、비君と過ごせました。
次は가수비に会いに、コンサートだなぁと思いながら会場を出ると、外はまだ明るい。
さっき見たのは、夢だったのだろうかと錯覚するほどの明るさだった。    

2008.8.6記 ゆき

*ファンミから1週間以上も経過しているということで、
時間軸が前後している可能性大ですが許してください。
長々とお付き合いありがとうございました。

-specal thanks ゆき-


2008ソウルファンミーティング ~Rain×3ソウル記~
注意 これは、ファンミのレポではありません。
ファンミに参加した道中レポです。長いよ~。
【関西空港8:00集合】
これが今回のソウルファンミーティングへの旅のはじまりだった。

―そう!ゆきといえば<CJツアー>というくらい、
海外遠征に関しては箱入り雲でしたから、ツアー以外の参加は初でした。
(実はテグもツアーではありませんでしたが、
これは往復の航空券とコンサートチケットのみ握り締めての日帰りみたいなものでしたから
…旅を満喫する時間はありませんでした。)
なので、ツアーにつきものの、時間や日程制限がない自由なソウルの旅を楽しんできました。
とはいっても旅の手配は、全てkさんです。ありがとうございました。

関空からは…1時間寝坊したというのに涼しい顔で、
しかも朝ごはんもちゃんと食べたというkさんと、
1時間しか寝ていないというのに相変わらずチャーミングなcocoさんと、
関空に一番近いのに最後に集合場所に現れたゆきの3人で出発です。

移動しながら日程の確認。

k:みんなカンフーパンダどうする?行くとしたら今日なんやけど…。

みんなに呼びかけたのに、無反応やしさぁ…。どうすんねやろ?いかへんのかなぁ?

ゆ:確かに誰もなんにもコメントなかったですね。
これって「行きた~い!」と手をあげたら…

「kさんと二人で行ってきたら~!」なんて言われるのかな~
と思って書けなかったのよね~。

k:それ、いいそやな~(一同爆笑)

飛行機に乗れば約2時間で仁川、慌しく機内食を食べアッと言う間に着陸。
到着した仁川は、小雨程度の天候。思ったほど暑くなく日本の方が暑かった。
(日本はカンカン照りだったしね)
バスの車窓からは、夏の緑濃い風景が見え、
漢江の濁流加減が大雨だったことを物語っていた。
それを見ながら、ピ君が「韓国にいらっしゃるなら春か夏に」
と言っていたのを思い出した。

ホテル到着後、Rain×3のメンバーにメール。返事待ちの間、
ついウトウトと…そこへsachiさんから電話。
いつになく落ち着いた大人な感じの電話の声に、誰からかと焦る。

―いつも、その位ゆっくり喋ってくれ~~~! by Rain×3一同(笑)

とりあえず隣のホテルへ移動。このホテル、なんとバスルームがガラス張り。
トイレも丸見え、Rain×3の管理人に相応しい部屋だと思った。
ナイスセレクト、ホテルマン!

福岡、羽田、関空から集まった7人で、食事へ。 ―完全に夕食だよ~by関西 

ホテルの周辺でとも思ったが、目ぼしい店もなく 江南の駅前まで歩こう!
と言うことになり歩き出す。 
多分この時点で関西チームは「お店」を探していたと思うが、
それ以外のメンバーは「JT」を探していたんだと思う。 
交差点をわたり地図を見ながら
「あっちだよ~」「こっちだよ~」「でも、こうでしょう!」
などとそれぞれがJTの場所について、見解を述べ進む。
 アップダウンの多い街を ―「腹へった~何食べようかな~」と思いながら歩く女と、
―「JTどこだろ?ジフニいないかな?」と妄想しながら歩く乙女、
周りから見れば集団の日本人にしか見えないだろうけどさ…。 
緩やかな坂道を登るとJTが見えてきた。 
お腹の減っていることを一瞬忘れて『感動~!』。
ピ君、頑張ったもんね~。社長様だもんね~。 
―今思えばこの時JTの中にピ君は、居たんだよね~><。

韓国も近頃は、喫煙者の肩身が狭くなっているのか、
お店の外で喫煙している人が多い。プデチゲ屋さんもそうだった。 
いよいよ夕食^^ 韓国で食事のオーダーをする時に、いつも困るのが食事の量・数だ。
日本の調子でオーダーするとビックリするほど出てきて大変な目にあう。
だからオーダーする時は、いつも必死!
(ビールは日本と同じ量・数でいいんだけどね~)
韓国語でオーダーするのも必死!正しく希望通りに伝わっているか全員で注目。
メンバーからの注文→通訳が注文→お店の人が復唱→全員で確認→通訳→お店の人へ…
これがしばらくの間繰り返される。
傍からみれば結構笑える光景かもしれないが、とにかく真剣! 
しかも、あんなに訴えたのに違う量がやってきたりする^^;

なんだかんだ、喋りながら~突きながら~呑みながら、
そうこうしている間に最終着の関東4人組が合流、1次会終了~2次会へ・・・

どこにしようかと、ぶらぶら…、11人でぶらぶら…、
先頭のTAKAPさんが何やら現地のカップルと喋っている。 
どうやら、日本語を習っているらしく日本人と喋りたかった模様、
向こうから話しかけられたらしい。
私たちが、店を探しているということを聞いて親切に屋台へ案内してくれました。
コマスミダ~!

2次会でも話が尽きることはなく、満腹を合図に店を出る。 ここで・・・

―「カンフーパンダに行く人!!」

―はい!と勢いよく手を上げた関西チーム3人

―あっ…それなら、と関東組4人も参加表明。

sachiさんと同室のminagonさん、
そして弾丸強行スケジュールでソウル入りしたTAKAPさん&よっこさんは、
体力温存表明。  では、明日~!と別れる。

映画鑑賞組は、映画館まで地下鉄で移動。
はやる胸の鼓動を抑えながらチケット売り場へ(なにしろ海外での映画鑑賞初☆) 
しかし、なんと満席!完売! 次は23:35ときた。

しかし、なんとしても映画館でピ君の歌声が聞きたい!!! 粘ることに~♪

―が、ここで関東組4人はパスすることに・・・><。

なんだよ~結局、関西だけじゃん  ><、、 Oh! My God!!  移動中の予想的中~~!!

[韓国人の映画鑑賞]

映画製作サイドの喜びそうな、映画に対する関心の高さと、
すばらしいリアクションの鑑賞態度!日本人も学ばなければなりません。 
その映画館にいる韓国人と全く同じ波長でゲラゲラ楽しそうに、
またある時は「え~っ」と悲しそうに 
いちいちリアクションを起こすkさん、さすがです。これにも学ばなければなりません。

 英語音声のハングル字幕だったので、
内容は理解していないけれど、
映像と観客のリアクションから想像するにカンフーパンダは、面白かった。 
しかし、それ以上にRainの歌う「カンフーファイティング」は感動だった。
大音響で聞くピの声…胸がドキドキ、
なんだか憧れの人から電話がかかってきた時のような、胸のトキメキでした。
明日に期待~♪

翌朝、いつものように目覚めRain×3へ 朝コメ送信。
そしてシャワーを浴び、朝食を買いに近所のコンビニへ。
ソウルっ子になりきって、ラフな格好に素ッピンで外出。
朝の景色と共にセルフカメラで記念のショットを~^^v 
そう思って出かけたのに、ホテルの周りの皆さん早起きで(まぁ7時過ぎていたから…^^;)
掃除したり出勤したり、その中ではさすがに恥ずかしくて撮れなかった。
それにしても急な坂を上り下り…
(フルハウスのそばの道を思い出した。行ったことないけど)なかなか良い朝の運動でした。

朝食後、10時スタートのグッズ販売&チケット交換開始にあわせてオリンピックホールへ
 曇りだけど時々雨が降ったり、太陽が照りつけたりと変な天気、おまけに少し蒸し暑い。
会場周辺には、様々な応援グッズを手にたくさんの人が集まってくる。
しかも色々な国から。
CJの時は、なかなか話す機会のなかった海外の方とも今回は関わる機会が持てた。
(話すのはkさんだけど…^^;) 
日本から持参したRain特集の雑誌を差し出すと、
新刊以外は既に所有にされている様子で驚く。
最新の雑誌はまだ未入手だったようで、とても感激していただき嬉しかった。 
彼女は英語圏の人で、情報収集は韓国語→英語に訳すと変な訳になるらしく、
韓国語→日本語→英語と訳して得ているそうです。 大変だ~。

それにしても、英語か韓国語ができないとダメだな~と反省。
それは、benamooのオフ会でも感じた。 
ファンミ後のオフ会で、とても良くしていただいた。
それなのに、ろくに皆様に挨拶もせずに(できずに)失礼だったと反省。 

2次会でも、韓国に留学していたmai(?)さんに、
ずーっと通訳していただき韓国クルムの方と貴重なお話ができた。
このmaiさん、お母さんと行ったタイのWTでピに墜ちたそう。
タイですれ違っていたかもね~。
残念なことに、連絡先を聞き損ねたし、記念撮影もしていないんだよね~。(Oh! My God!!)
 写真は撮っていたんだけど、全部韓国の方のカメラなんだよね~^^; 
彼女たち凄く良く食べるし、凄く呑むのに元気なの。
写真はたくさん撮ってくれるし、一人ひとりの名前を聞いてメモしているし、
酔っ払いの心配もしてくれる。
挙句ホテルまで送ると言ってどこまでも付いてくるし。
断ると可愛くすねるし(笑)おまけに別れ際全員にハグ&Mさんにはポッポ付き
(しかも事後、妙に二人ハイテンション)。 
この2次会で、感動だったのは、やはり酔いには「蜂蜜水」だということ。
(ドラマと同じだぁ!) 
これを飲みなさい、飲みなさいと一生懸命すすめていた。
今思えば、お腹がはち切れそうだったけど、味見しておくべきだったと後悔している。
そして、彼女たちにもオフ会恒例の「ウコンを3粒」飲ませてあげるべきだったよ~>< 
もっと積極的に異文化交流しておけばよかったなぁ~。

帰国する朝、再度JTへ向かい記念撮影。
(JT前の街路樹の影で、朝コメを作成・送信中のゆきは参加せず)
JT近くの食堂で、朝食。美味しかったよ。
食後にスイカのサービスをしていただいた。
このスイカが、子どものころに食べた素朴な甘さたっぷりで美味しかった~。

ここには、書ききれなかったエピソードもたくさんあるのだが長くなるので
(十分長いか!)カット。 
今回の旅は、出会いのあり、反省のあり、自己責任を考えた旅だった。
そして、愉快な仲間Rain×3のメンバーと語り合えた旅でもあった。

だけど、一番はピ君の元気な笑顔に会えた旅だったかな~。また会えるよね^^

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜사랑합니다 비~!!!!! 。゜。゜。눈.゜。゜。゜。゜

-special thanks ゆき-


<二泊三日、韓国ファンミへの旅>

日本ファンミにはずれた地点で、心に決めた韓国ファンミ行き!
東京オフ会で、はじめてあったsachiさんと、ホテル同室させていただくことが決まり、
エアーだけを抑えて準備万端^^
26日、昼の便でいざ韓国へ!ホテルで、sachiさんにも難なく合流。
その後、すでに韓国入りしてる計7名で食事へ・・・と向かったはずやのに・・・。
お腹すいた~!といってる、関西組みを無視して、まずはジフニの事務所JT訪問一回目。
写真も撮らず、ふ~ん・・・と外観だけ見たら、さっさと退散。
(粘ってたら、ジフニが事務所から出てきたらしい・・・残念。)
今度こそ、食事へ。関東組みも簡単に合流! 出来へん・・・

爆笑:1 簡単に合流のはずが・・・ほんま、電話が役に立たないこと><  
待ち合わせの場所で、関東組みと話をしているつもりの先着組み。
      なんど、話をしても、同じ場所にしか思われへん、双方・・・あたりをキョロキョロ・・・
おるわけないやん><
話している相手は、先着7人のうちの二人やん><
なんで気づかへんねん・・・端と端でしゃべってるし~大爆笑♪
(そのころ、関東組みはまだ、ホテルにいたらしい・・・)

もう、待ちきれへん・・・プデチゲ屋さんで待つことに。
関東組みが合流したときには食べ終わり、早くも2次会、きれいな屋台へ。

爆笑:2 みんなで出てきた料理を突っつきながら、その時!ピンポーンX3
お店の人が、お呼びですか?ときた。
みんな、ピンポンがあったのも知らずテーブルから体を離し、ピンポン確認!
     そこで、一人。端っこで、なんのこと~と言わんばかりに肘を突いてるヨジャ(ポポさん)発見!
     思いっきり、ピンポンに肘置いてるし~><大爆笑!

そして、体力温存組み私とsachiさんはホテルで三次会・・・就寝。

待ちに待った、ファンミ当日。
蒸し暑いくらいのお天気^^まずは、チケットを受け取り、
みぞれさん(ありがとう!)にグッズ購入を頼み、買い物へ。
二時すぎに会場へ戻り、座席へ。私の席は、ステージに向かって左側で、通路側。
今回参加メンバーの中では、一番よかったんかな~^^
アボジを確認してたら、いきなり照明が暗くなり・・・
予想外始まり『ハルド』♪声の伸びもよく、心臓バクバク!!!
だんだん、イライラ・・・白い幕があがらへん。
結局、上がったときには、ジフニおらんし・・・と思ったら、バックスクリーンがに太陽が!
後ろからフ~♪と、ちょっと音をはずしながら^^;登場。
『テヤン』今回は、いつものダンサー4人と一緒に・・・やっぱり、ダンサーがいないとね~。

その後は、字幕のない、なが~いトーク。意味も分からず、笑えず^^;
ジフニの低い声が好きやけど、司会のジェドン氏の声も低くていいんよな~
なんて思いながら、映画の話、彼女が出来たら・・・なんて話をしてたんやと思う。

そして、キッズと台湾クルムによるダンス♪
キッズダンサーズは、かわいかったよ~^^
踊った後のインタビューで、女の子に質問でジフニは、オッパーかアジシかどっち?と言う質問に、
『オッパー♡』と答えたとき、思わずガッツポーズでホンマ嬉しそうにしてたよ^^
さらに、ハグしたときにポッポ(キッス)を女の子からされたらしく、
『ポッポしてくれた~♡』とすごいジフニ大興奮!
四人の中の唯一の男の子が、やたらcoolで、彼女はいるの?聞かれ、
『うん!』ジフニ、ビックリ!さらに、この三人の中にいるといい、誰~?と聞かれて
ちょっと、間を空けて『みんな♡』さらに、ジフニマジで驚く!
この、男の子の色んなしぐさがかなり、coolで、ジフニとジェドン氏は何度も真似してたよ^^
その後、台湾クルム。顔にジフニのお面をつけて、なかなか思考を凝らしたダンスやったよ^^
次回は、唄子さんが高トレさんとダンスを磨いて出場する!と言ってたから(覚えてる~?)、
そのときはみんなで黒子になって、ジフニにハグをしてもらおう!!!

そして、ゲームタイム。三人選ばれステージへ。
韓国クルムの若い女の子が選ばれ、嬉しくて泣いてるのか?
すごくかわいらしく^^腕相撲をするのに、ずーっと手を握り、うらやましかったな~。

そして、待ちに待った、プレゼントタイム。
今回は、我がRain×3にミラクルはなく、でも、手渡しでもなく、ハグもなかったし、まあええか~^^;

あっという間の最後の曲。『It’s raining』力強いダンスでかっこよかった~^^

そして、アンコール。
予想外に『with U』でクレーンにのって、私の目の前に・・・ここで、

爆笑:3 クレーンで登場のジフニに向かって私の後ろから一人突進していくヨジャが!!!
誰やねん!と思ったら、みぞれさんです><
      ジフニが投げた、マシュマロをゲットしたのは言うまでもないです♪
アボジと握手までしたらしい><

ジフニは、マシュマロを投げるのに夢中なのか、歌はヨレヨレ~^^;
でも、すごく近くで顔を見れたので大満足^^
あんな、髪型でもかわいかったよ~^^
歌も全部歌い終わったんか分からんうちに、
マシュマロがなくなったら曲も止まり、さよならのご挨拶をしてさらりと、退場・・・^^;
え?そうなん?と、思いつつ終わりました。
マンネリやん!といっときながら、聞けないと寂しかったな~『I do』と『アンニョン』

ファンミが終わって、バタバタと向かった先が、
いつも私たちに色んな情報をもたらしてくれるbenamooのオフ会。
誰も、韓国語もしゃべれへんのに、勢いで参加十数名!
いつもステキなfanmadeのMVなどを披露してくれる方々との出会いや、
熱いファン達との出会いにとても楽しめました。
その後、私とsachiさんは二次会には行かず、
乙女心を抱きながら、いびきゴウゴウ(たぶん・・・)でホテルで就寝zzz

帰国当日。朝から、メンバーで朝食へ・・・と言いながら、向かった先は二回目JT。
今度は記念撮影もして、事務所の人ともエレベーターで会えたり、
もちろんジフニには会えずで、やっと朝食。
その後、それぞれの飛行機の時間に合わせて各自行動。解散です。お疲れ様でした。

今回、初めての海外遠征。
そして、ほとんど初対面に近いメンバーと楽しく過ごさせていただきました。
みんな、ありがとう。また、行きたいね♪

ファンミのレポは、動画などで皆さんの方が詳しいかな~と思い、
私の旅行記みたいになってしまった・・・よかったかな^^;
長々と、読んでくださりありがとうございました。
あれ、ジフニのケーキふ~と、プレゼント見るコーナーがあったけど、どこかな・・・忘れてるし^^;

minagonでした。

-special thanks minagon-

7月27日 韓国韓国ファンミーティング in オリンピックホール
あれやこれや・・・・の巻」唄子

初めての韓国ジフニ。
初めてのファンミ。
初めて友達と行く韓国。

初めてづくしの今回の渡韓、出発前からテンション上がりっぱなし。
朝羽田に集合しいざ韓国へ!!

まずはチェックイン。しかし・・・・・・・何かが違う?!何かが・・・
そう・・・・・私のトランク皆より特別大きい・・・・

よしCHECK IN。
あれ?!・・・・あれ?!・・・・・「7キロ」「8キロ」と計量される
なか私は「00さん16キロ」!!!何で?!>皆に驚かれる
私も驚いた!!「なんでみんな少ないの?!」て。。

前回のファンミのご利益に預かろうとひそかに作戦を練った。フフ・・・
「目立たないとナァ」・・・・・
どうやって?! どうのような方法で?!

Kおっぱは振袖でしょ?!なら私は着物で・・・と無難な路線。
「そうだ!!皆が電飾持ってるし・・・・・電飾つきの帯び!!!
いいかも・・・(^・^)b」

・・・・>てどこで買えるの・・・・(__;)

じゃあ、夏だし~~~~~水着!!(^0^)
なぁんてあれこれ考えていたら荷物が増えてしまったの。。


さてさて当日はサポーターさんたちのおかげでチケットもスムーズに引き換えられた
し、グッズも購入。
アクセサリーセットやストラップなどを購入。前日余分に両替しておいて
よかった~~~。

今回ファンミには一人で申し込んだのでチケットを持ち2階へ。
席を探してたどり着くと端なのに結構見やすくて、よかった~~。
座席にはクルムの方々が準備してくださったキラキラのぽんぽんが置いてあった
いつもながら彼らの大きな愛には感謝です。

時間になり場内の明かりが消え、曲が始まった。

  「ハルド」

イントロを聴いただけでこみ上げてくるものがあって一人で泣いてしまった。
涙で舞台が曇って見えたと思ったら 薄いカーテンの中にジフニがいる。
いやだ~~また0眼が進んだと思ったじゃない。。

シャツにジーンズ。私の好きな彼のスタイル。

久しぶりに唄うせいか?!少しぎこちなさも感じた私。

続いて「テヤン」 ステージのスクリーンが真っ赤に燃える。
WTで初めて見たとき、涙がとまらなかった曲。
ジフニを見るというより曲に酔いしれる。

「ジフニは・・・そう彼は・・・・」と視線をしっかり向けると


「・・・・・・・髪型・・・・えっ?!・・・・・・・」

しかしそんなことで彷徨っている時間は無い・・・・・
いいよ!今日は波に身を任せるからさ・・・・


自国でのファンミのせいか、喋ること喋ること。。
意味はわからなくてもジェドンさんとの会話の中で見せる彼の笑顔がほんとうに
可愛い。

長いトーク、プレゼントの抽選等終わり、最後にまた曲が・・・

「It‘s raining」
皆の歓声と共にファンは立ち上がって踊りだす。
隣の方に「立たないの?!」と声をかけられ、思い切って立ち上がる。
端の席だったけど、後ろを見たら皆立っていた・・・安心した。

曲が終わって彼がいなくなると、「アンコール」の声。

「with you」のイントロが始まると、黒のシャツ、黒のパンツに着替えた
ジフニが舞台の下手からサッと現れた・・・・と思ったら突然ステージを
飛び降りて客席に?!

「えっ?!?!客席にはいるつもり?!」と見ているとなにやらごそごそ。

と!なんと彼の身体が!!!

クレーンに乗って上に上がった!!
皆の歓声がひときわ大きくなる。ボルテージは最高潮に!

そのとたん周りがいっせいに彼に(前に)むかって走り出していた。

と同時に彼は手に大きな籠を持ち、何か客席に向けて投げている!!
皆歌を聴くどころかじゃない。
ジフニもうたうどころかじゃない。

投げる~~~~投げる~~~~成田山の豆まきのように。
でも軽くて、一生懸命投げてるけど前のほうにしか飛ばない。。
あぁ~~~~でも皆は両手を差し出す!!まるでえさを待つ小鳥のように。

気が付くと私以外、私の回りの人は皆前に飛び出して行ってしまっている。

「えっ?!(・・;)どうしよう~~(-_-メ)」
背が低い(いや足の短い)私は椅子をまたぐのすらも躊躇したけど、
足を下ろした先は椅子の上。
えぃやと椅子の上に立ってしまった。

「よく見える~~」
夢中で銀ぽんとキラキラジフニを持って踊る~~踊る~~~

ふと我に返ると椅子に乗っているのは私だけ!!

「えっ?! オンステージ!」
でも、ここで止めたら女がすたる。
踊れや!!踊れ~~~!!

左右に動いていたクレーンが右側に動いてくるのがわかった。
それって・・・・・・こっちに向かってくると言うこと?!
と、踊りながらもある意味冷静に見てる私。

ということは・・・・・・私?!?!に向かってくる?!

やった~~~~~~~~~~~~~~!!
視線は私のもの!!!  独り占め!!!!!

「ここよ~~~~~~!!!」
「私はここ~~~~~~~~!!」
「あなたに会いにソウルまで来たのよ~~~~~~~!!」

そして二人は視線を絡ませる様に見つめあう!!!・・・・・・・

はずが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「えっ???」

その一歩手前で顔ごと下を向いた(OH! MY GOD!!!)
下のファンに視線を移すフリをして・・・・・・・・・・

「えっ?!どういうこと?!」>「そういうこと」(bY天の声)

電飾の帯を準備しなかったから?!
アンデ、水着を着たほうがよかったのか・・・・

視界には入っていたはずだよね・・・・何がいけなかったのか。

曲が終わっても一人ぼーぜんとしていた私だった。。

そして私の初づくしの韓国への旅も終わった。。
私の挑戦はまだまだ続く>「何の?!」(by天の声)

-special thanks 唄子-

121.jpg
81.jpg
0807271602asiaeconomy02_20130320135847.jpg
200807270141.jpg
PP08072700016.jpg
1217145594362_1.jpg
1217146277361_1.jpg
1217146427919_1.jpg
10_20130320135825.jpg
34_20130320135824.jpg
41_20130320135824.jpg
CIMG0333.jpg
CIMG0332.jpg
4-11-12.jpg
CIMG0323.jpg
chike.jpg
beruto.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4201-5b0d75e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。