プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.5.6 Six to Five 済州島サイン会 

2009.5.9 6 to 5 サイン会 in 済州島 テジウム
『ジフニの笑顔までの過酷な道のり』

まず、今回のサイン会
一緒に行ける人探しから始まり・・・
なかなか行ける人が見つからず
結局、スケジュール調整出来た
高トレちゃん、ananさんと3人で行きました。

私の中では『とんちんかんトリオ』と命名~!!
後々わかってくると思いますf(^^;)

済州島行きの前にこのトリオとミーティングを開きました。
ジフニを目の前に何しようか?何話そうか?
結局『とんちんかんトリオ』は
特別集まった意味が無くそれぞれで考える事に・・・

さぁて、私はジフニに何かインパクトある事を
話しかけてみようと考え
『会いたかったです!』これを最初に言おうと決めてました。
『愛してます』も絶対言ってみよう・・・と。
そう考えながら妄想が進み挙句の果てには初めてジフニの長い夢を
見てしまい・・・夢と現実がゴチャゴチャになりそうに・・・

5月8日(金)
成田に7時半集合でトリオは集まりました。

私は(鎌倉在住)駅に、早朝5時前に到着~!
夕方のような雰囲気の駅のベンチに座り明日の
サイン会の事で頭がパンパンでした(笑)
ジフニ関連の時は本当に雨で、やっぱり今日もRain『雨』でしたf(^^;)

初済州島の天候はうす曇・・・
まずは飛行機の中でいろんな情報を聞き
スーツケースは預けず機内持ち込みでと・・・
『しまったぁ!』すでに私達は預けていた( p_q)
そして空港からホテルまでの送迎も断らなきゃならず・・・
ガイドさんに深々と頭を下げお断りした。
何とかこれはクリアー!ホッ!
さぁ!いざ、テジウムへ・・・・

タクシーも難無く乗れてテジウム到着~!!
行く道すがら想像してた山の中にある建物が・・・ほぼ思った通り(笑)

さて、ここからが難民生活・野宿の始まり始まり・・・
着くとノートに名前・電話番号を記入するとの事。
そこで先着自分は何番かを知る・・・
私達は・・・63番ananさん、64番高トレちゃん、65番yui
まぁまぁの番号かな?何て訳も無く安堵していた。
周りを見渡すとほぼ日本人で数人の韓国人・他国の人でした。
何人かはジフニ関連でよくお見受けする方が居て
野宿してる間に交流を深めなかなか有意義な時間を過ごせました(笑)

冷静に客観的に見てとても野宿何てしない方々が
ジフニに会いたいが為に地べたに座りひたすら待ち続ける姿は
感動すらしてしまいました・・・自分もだけどf(^^;)

私達トリオも野宿で一晩は初めての経験
これは楽しまなきゃと意識を変えた・・・
数組の方はタクシーを貸切にしてPに待たせてました。
ホテルを遠方に予約してしまった人は
途中3時間休憩でもホテルに帰ってもゆっくり出来ないので
その方法が賢明なやり方なんです。

私達はテジウム~ホテルが20分位だったので
3時間休憩でもホテルに戻りシャワーあびて着替える時間が
あってちょっとホッと出来ました。

休憩時間はリーダー的な方が私達の意見を聞きまとめてくれ
21時から3時間交代で休憩が取れました。

朝の6時には全員で点呼!
そこで居ないと一番最後尾へ・・・
厳しいようでもそれをしないと収集がつかないので。
そういう点呼が数時間毎にありました。
でも私達の番号は最終的に1番しか繰り上がらなかったんで
1人だけ点呼に居なかったようです。(優秀!!f(^^;) )

野宿生活の間の困った事は食事でした。
まぁ、キンパ(韓国海苔巻き)おにぎりを常備食として持ってれば
いいのですが、なんかひもじくなってくるんです( p_q)
そこで貸切のタクシーの運転手さん(日本語OK)が私達のとこに
常に居たので親切に『ジャージャー麺を注文してあげますよ』と
声を掛けてくれました。もちろんお願いしますと頼みました。
野宿で『ジャージャー麺』が食べられるなんて
なんか韓ドラの中に出てきそうなシーンでしょ~!(笑)
程なくジャージャー麺が届き注文してないのに焼き餃子を
サービスに付けてくれました。(韓国はサービス満点!)
私達がジャージャー麺を食べていると別の列の人たちに
うらやましがられました。
また注文してあげたいとこですがかなりの距離のとこからの
出前だったので再度の注文は無理でした。
この場を借りて声を掛けてあげると言う事をせずに
すいませんでした<(_ _)>

後から『アワビ雑炊』を注文した方達が居ましたが
届いた時には冷めていてイマイチだったようです・・・

なんだかキャンプみたいでおもしろい!

野宿経験でダンボールあれば風は防げるし暖かいだろうなぁと・・・
次回のサイン会あればダンボールお勧めかも知れませんf(^^;)

9日の12時半より『6to5』の店舗で買い物が出来ると言う事を知り
入り口に並んで待ち初入店しました。
地下1Fにありました。
全体的にはあまり品数は無くて見る分には時間かからなかったです。
目を奪われたのは店内のジフニの写真でした。
見た事あるのもありましたけど1つメチャ可愛いのがありました。
さぁ、買い物も終わり
再度整列して点呼!
いよいよ整理券が配られました。列も綺麗に並ばされて又待ちます。
その頃よりゴソゴソとバッグの中から化粧道具を出し始める方々が
多い事多い事!(笑)
気が付くと唇がテカテカに塗られている方続出~!(笑)
隣の高トレちゃんを見ると目を中心にバッチリ整えられてました!(笑)
そんなこんなしている時に『ジフニが飛行機乗り遅れた情報が~!』
一瞬ざわめきました。内心穏やかじゃありませんでした。
それでなくても帰りの便が早まってたので今度は乗る飛行機も?
来てくれるのかなぁと不安でしたがジフニは30分遅れで
飛行機に乗った情報が・・・ホッ!安堵の気持ちでした。

さぁ~!もうすぐだぁ!!!
いよいよ最終的な化粧直しの方々続出!!(爆)
最初の1~70番まで地下1Fの中庭で待機!
1Fの外に後の方々が待機してるんで
『キャ~!!!』の絶叫聞こえたらジフニが来た合図だぁ!!
ドキキドキドキ・・・・心臓が飛び出る位の気持ちで心拍数が上がる上がる!!(笑)


『キャ~!!!!!』来た~!!!
ジフニが来た!!!
地下1Fで待機中の70人は姿が見えないので想像だけで落ち着かず
もうこれが最終段階の化粧直し・・・(≧∇≦)

地下1Fのとこはガラス越しでジフニが通るのが見えるんで
そこを全員が集中して見つめる!!
一人一人関係者が通る度にどよめきの声が響く・・・
もうそろそろだぁ・・・

『来たぁ!!!』『キャ~!!!ジフニ~!!!』
ガラス越しからジフニが手を振りながら歩いて来て
サングラスかけてたので(やっぱりと・・・)思ってたけど
最初の何番目かの方が「メガネを取って下さい」みたいな事を言って
ジフニはそれからメガネ無しでした。

1Fの中庭から店舗の入り口へ10人づつ呼ばれる。
中へ入るとジフニへ続く一本の列が・・・
あ~いよいよなんだと思うとテンションあがりすぎて体が浮いてるような
状態で・・・前の高トレちゃん見ると店内の5集の曲が流れてたので
腰をゆすり今にも踊りだしそうだった!さすがダンス上手な高トレちゃん!(爆)
ananさんがトリオのトップで私はananさん~高トレちゃんと見る余裕があったんで
落ち着けたような気がする・・・
横からジフニの様子が見えて握手の仕方に驚き!
ガッツリとしている。ヒョエ~!!握り締めてくれるような感じに見えた・・・・
心臓出そう!!!と言うか出てるんじゃないかと錯覚しそう!(笑)

まずananさん・・・
何か深く挨拶をしているように見えた。
お菓子は渡したのかなと心配になった・・・

次は高トレちゃんだぁ!
おっ?両手でジフニの手を掴んじゃってる!!!ヒョェ~!!!
横から見ると姿勢よく高トレちゃんお辞儀しながらの握手が見えた!

さて・・・と、いよいよだぁ!!!
まずジフニにあげるプレゼント(家の店のパウンドケーキ)を出すと
ファンマネの方が受け取った。
ジフニを見ると凄く穏やかな顔であの可愛い目が見えてる~!!!
サインを書き始める・・・
私の名前の(Sa)を書き始めた頃に
『会いたかったです!』とジフニの顔を覗き込むように話しかけた。
するとジフニは「ニコ~!」と笑顔になりその笑顔に引き込まれるように
『愛してます!:』を言う!と言うか言ってしまった!言えた!!
そんな言葉旦那にも言った事ないのに・・・f(^^;)
『ありがとうごじゃいます!』と言うジフニの顔は本当に満面の笑顔!!
次は思わず気持ちを込めて『頑張って下さい!』と言いました。
ジフニは『いつもありがとうごじゃいます!』口先だけじゃなくて
凄く誠実な感じで言ってくれました。
その後の私の次の人が後で『ジフニの顔がフニャ~って顔してた』と
教えてくれて腰砕けになっちゃって・・・

ananさん、高トレちゃんと3人で飛んで喜びを噛み締めました!
私は心の中に熱い物が自然に込み上げて来て涙が溢れてきました。

ジフニへの熱く長い怒涛の28時間・・・・
私にとっては本当に貴重な大事な一時です。

改めて高トレちゃん、ananさん
本当にお疲れ様~そして幸せなチェジュで過ごした時間
一生忘れないよ~( ^з^) y -☆

長文にお付き合いありがとうございました・・・

舞い上がった文章でお恥ずかしいです。

最後に・・・・

  『ジフニのファンであり本当に良かったです♪』

PS。あのジフニの肩に背負ってる重い物を考えると涙が出て来て・・・・( p_q)
   
     ファイティーン!!ジフニ~!!p(*^-^*)q


                          by yui
-special thanks yui-


「ジフニとの距離0センチ」

今回はレポ担当ではなかったのですが、
自分の気持ちを 書きとめておきたかったので サイン会の様子だけ書かせていただきます。
私にとっては夢の様な渡韓。それも初渡韓がサイン 会!!
完璧に悔いのないようにせねば・・・ 何度も何度も頭の中で妄想~~~(^・^)
まず・・・ジフニにプレゼント☆(おっきなポッキー、おっきなチョコボール、男梅、カルピス味のアメ)を渡す~。
私: ジフニ~BIGポッキー&BIGチョコボ ールPresent!!!
ジフニ:Oh~~~!!Big ~(^-^)Than k you.
私: 「愛してます。」
ジフニ: 「愛してます。」そしてハグ!のはずが・・・・
現実は~
私: ジフニ~BIG A-momdoチョ~ コ~ボールプレゼント>だんだん声小さくなる・・・・
そして~スタッフの方が私のプレゼントを受け取り袋の 中へ・・・
ジフニ:チラリとも見ず、もくもくと私の名前を書いてい る。
私: ひたすらジフニの頭←ガンミしながらこれからどうしょうか?考えまくり。
ジフニ: 名前を書き終わると顔を上げ笑顔で「こ~ ん~に~ち~わ~。」 とってもゆっくりとした口調でした。
予定通りことが進まずド緊張の私・・・。
何を思ったか~幼稚園のご挨拶の様に 深々と頭を下げ~「こ・ん・に・ち・は。」
(何してんの私・・・?アレを言わなくちゃ)
私が頭を上げたらジフニが手を差し出し握手!!!
(言わなきゃ~言わなきゃ~)
私: 「愛してます。」
ジフニ: 「ありがとごじゃいます。」
ジフニの手は冷たくもなく暖かくもなく少ししっとりしていました。
とっても大きくて包みこまれているカンジで軽めの握手ではなく
少しキュウ~~~と力を入れてるしっかりとしたものでした。
他の皆さんはジフニと握手しながら会話をしていたので
多分~私が何かを話すのを待っていたのに・・・私~何 も言えず・・・
ジフニと手は繋がっていたのですが気持ちは噛み合わずナンともさっぱりとしたカンジでした。
この様子を見ていた高トレさんは・・・
「マズイ~この場を盛り上げなければ~!!」と思っていたそうです。
でもね。何も言えなかったけどジフニの目だけはしっかりと見たんです。
近くでみても・・ちっちゃくて笑うと細かった。
サングラスはずしてください。って言ってくれた人に感謝です。
この様子をみてた人から「ジフニね。あなたのポッキー全然見てなかったわよ。」と言われ
ジフニと噛み合わない子←ポッキー持ってた子←ポ ッキー←私(anan)
yuiさんはすぐに泣いていました。私は涙がでなかった。
自分の行動にかなり落ち込み後悔。
そして・・・・リベンジを誓うananでした。
野宿は大変だったけど楽しかったです!
たくさんご迷惑かけちゃったyuiさん高トレさん一緒につれていってくれてありがとう☆ございました。
サイン会の様子を見守ってくれていたsachiさん皆さん~ありがとうございました。

-special thanks anan-

ついに嫁入りの日が来た。やはり、祝福の雨だった。

5月8日am 4:30に家出~
成田空港行きのエキスプレスには、サイン会に向かう
熟女が多数。荷物に、ベァーが揺れていた。
私は、あせった。『100人以内」に順番取らなれば、、目標達成できず。早く~~~!
空港には、それらしき多数の人。大御所と思われる方の姿あり、新参者には、不安がつきまとう。

 am9:45発~  私達の隣にゴージャスな方。その方の情報「既に50人はいる。一刻も早く来い」

 pm12:20着~  私は2人より先に出て、ガイドさんを探し「免税店行けない。ごめんなさい。
早くTeseumにRainに行かないとダメなの。」と興奮しながら伝え「ananさん~タクシーィ・行って」と叫ぶ
運良く すぐ捕まりゴージャスな方と車内で全員「パリパリ」連発のカーレース、殺気ムード。
どうにか、63,64,65番ゲット! 既に、地べたに座り込む熟女達。
しかし、熱い潮風すらない真夏の真夏の太陽だ。
日陰も取られ・・・とてもマスクなど無理、乙女のシンボル「お下げ髪」も当然はずした。
いつしか私達に20代の可愛い子が加わり4人で行動。
この子の専属タクシーが、とてもよい人でジャージャー、毛布を手配してくれた。 

いつしか、日も暮れ・夜だ。寒い、昼とは大違い寒い・カイロ3個貼ってしのぐ。
場所を守るため、50人1グループ野宿生活・開始~ 風が強くなり地下へ移動
「6to5]の前で団結~ お店の計らいで、小さな電気がついていた。ジフニに包まれている 感じ!

朝だ~トイレ~行きたい。外しかなくて、向かった先には・・・水・紙が溢れたトイレ。男用も同様だ
我慢だ。あ~~~もうダメ。慌てて、植物園のトイレに駆け込み、外が見える????
なぜ?考えてる時間ない。終了し確認・マジックミラーだった。

ついに、ジフニ到着・・・が!30分遅れだ、焦るよね~~~
ぎゃ~~~~~ジフニ~の叫び声。いよいよだ。
サングラス外してくれるかな~~~・外してる!やっほ~

そしてついに握手タイム
ananさん・ジフニと噛み合ってないよ、この雰囲気どうすんの?次私、ガン見だ、全て覚えなきゃ!
ジフニは、優しい顔・綺麗な筋肉・さらさらの髪で、王様椅子にすわりテーブルにつく位の位置でサインし、
顔上げ「こ・ん・に・ち・は」とゆっくり笑み浮かべ私を観ている。
「こんにちは」と返し「Rain,ジフニ、モッシタ」
「い・つ・も・あ・り・が・と・う・ご・じゃい・ま・す」と言われ「愛してます」と言うと
「ア・リ・が・と・う・ご・じゃい・ま・す」と細い目をさらに細く笑い、右手を出し握手。
肉圧で、常温。母指根が硬い、しっかり握ってくれたので、私は左手で握り力強く振った。
気が付くと、SPに押された。
yuiさんは、サインに顔つけて泣いていた。 

 空港では、キムさん発見!てことは、ジフニ~いる!来る!
きたぁ~~~~。修学旅行の女子学生達に囲まれ困惑してた。
警備が甘いのか?初めてで、びっくりした。

ジフニのファンで、よかった~~~。
今回yuiさん、nanさんのおかげで参加できました。いろいろありがとう。

初レポ~読みにくくてすみません。

-special thanks 高トレ-

7_20130323141321.jpg
9_20130323141320.jpg
9_20130323141320.jpg
27.jpg
37.jpg
44.jpg
112.jpg
IMG_2438.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4209-fbdf85ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。