プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.9韓流フェスティバル江南ライブ

人生アップ・・・・ダウン・・・・アップアップ」
思えばRAINのファンになって物事スムーズに進んだことはあっただろうか。
最後までバタバタするとは・・・
9月のソウルでのコンサートが最後だと覚悟を決めていたのに
また目の前につるされた大きなニンジンに後先考えずに食らいついていた私がいた。
江南で行われるという無料コンサート。
「観たい!!!!!!」あの全身の血が駆け巡るような高揚感をもう一度味わえるなら・・あぁ~~~なんて言おう!!><
本当は11日のお見送りだけのつもりであったが詳細が出てくると山梨のオンニから電話があり急にテンションあがりだしたのである。
飛行機を押さえていた私は「キャンセル代が・・」などとプチプチ言っていたら「ここにきて細かいこと言うなし!」と一言^^;;
確かに・・・・10円20円には細かいくせに桁が上がると感覚がマヒするらしい・・・
家族にも「11日のお見送りだけですから・・」なんて言っていたのに
「いつからだった?!」と聞かれたら「アッ、9日から11日まで」と私(^^v)てことで当日入りすることとなった。
チケットは無料であるにもかかわらずファンクラブ席もでることとなり出発の前夜(恐怖の)早押しに参戦。
しかしそれだけではということでわれらが支部長yuiさんとみぞれいんの前日入組が夜を徹して挑むことになった。
それにしても支部長・・・・・遠征はず~~っと外なんだよね・・・
ソウルコンサート以来風邪気味のみぞさんと今年は大病した支部長。心配ではあった。
午前中に金浦に着き、荷物をホテルにおいてその足で食料を調達していざ会場へ!
こんな時も食べることは大事「腹が減っては戦はできぬ」である。
車が会場に近付く数百メーター手前から道の両脇に国旗とともにRAINのイベントの旗がはためいてる。
9日は祝日ということであったが、大通りに国旗とともに数メーターおきに風にたなびく旗を見たときは
何とも言えない高揚感と誇らしい気持ちでいっぱいであった。
ポポさんが「私たちとんでもなくすごい人を好きになったんだね」と。
「本当に!!!!」   幸せな気持ちで胸が熱くなった。
会場に着くとすでに大勢の人でにぎわっていた。 支部長とみぞさんを探し列に加わる。
そろそろナンバリングという時にトラブルが発生。徹夜で並んでいた人たちの前に某団体の200名が入るいうことがわかった。
何ですと?!?!?!そんなことならなぜ前日にそう言わないのか?!
後出しじゃんけんはないよね・・と少しさみしい気持ちになった。
でも泣いても笑っても入隊前の最後のステージ。気持ちよく過ごしたいという皆の思いから大きな混乱はなかった。
突然RAINの歌声が耳に入ってきた!!!! なんとリハーサルがはじまったのだ。
列に並んでいるから近くに駆け寄れない。離れられない。その場でみんな耳だけ傾ける。
そのうち「レイニズム」が聴こえてきたら「チョン・ジフン」コールがどこからともなく沸き起こった。
テンションが上がるよね。 陽がだんだんと傾いてきた。
そんな中いよいよ入場。係員の誘導の元、一列に並びリハーサルしている会場に入っていく。
舞台にはRAINはじめダンサーさん勢ぞろい。
「いやぁ~~私のこと観てる?!」とおバカなこと考えながらすでに妄想モードマックスに。
RAINの生歌を聴きながらなんだもの。なんて贅沢なんだろう。
今回あまりにも舞台と近かったのでセンターの一番後ろに下がって場所を確保。
前日も遅かったし、足の調子も悪かったからきつかったがそんなことを言っている場合ではなかった。
私がいるブロックに人が入りきったら落ち着いたのか周りの人たちが座り込み始めた。ここぞとばかりに私も座り込んだ。
Mnetが入っていたので、最初男性4名と女性1名のユニットが歌を披露。
個性派ぞろいで歌もうまい。番組から出たユニットかな?!
しかし知らなかったので思わず隣の韓国女性と顔を見合わせ「誰?!^^;」(翌日ホテルで彼らが出ているのを見た)
正面のスクリーンにLAST THE BEST SHOW の文字LASTの文字に胸が一杯になる。と同時にまだ実感がわかない。
Hip song で幕があく。
花火と彼の姿が会場の空気を一気に熱くした。
ネヨジャ・with you ・フレッシュウーマン・one・love song・love story ・Rainism ・Nan
やっぱりRAINのパフォーマンスは最高だ!!!
しかしコクコクと時間は進んでいく。
「釜山ヨジャ」あたりからツイードのジャケットを素肌に着てた。
これがまたよく似合っていて素敵だった。他の人がこんな着こなししていたらドン引きだけど・・・^^;
ネヨジャでは黄色いTシャツのヨジャを選んでいたけど、若いというより幼く見えたのか「学生?!」て最後聞いてた。
そうしたら「違います」て彼女RAINは驚いて「何歳?!」て「22歳です」
これこれ、女性に年齢聞いたらあかんよ~~て思ったけど(笑)見るからに若いお嬢さんだっから聞けたのよね。
途中ハンドフリーマイクの調子が悪くなったときも、
「みなさん時間大丈夫?!取り替えてきます(これ私の異訳です^^;)」ていって舞台裾に引っ込んだり。
ショーの流れを止めることなく進行していく姿に歳月を感じました。
Love storyでセリ上がってきたときには「おぉ~~~~~~~?!照明消して~~~><」て言う感じだったけど
センターで陣取ってた我々もそのライトを浴びているわけで・・・・
「レフ板ありがとう」て言うレベルを超えた明るさだったから
舞台から見た我々の姿もかなり怖かったんじゃないかな・・・^^;て今になって思う。
今頃夢でうなされていないことを願うけど・・・ 私の極めつけは「My Way」前奏の音が入った瞬間、
彼の全身から巨大なエネルギーがみなぎるのを感じた。
それに共鳴するかのようにダンサーさんたちの全身からも気がみなぎる。
空気がチリチリと音を立ているのが感じられるようである。鳥肌がたった。
ソウルコンサートの時もそうだったけどそのエネルギーがこちらにも伝わり全身を駆け巡る。
気が付いたら「R.A.I.N~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!」と絶叫していた。
今回も皆に手紙を読みクンジョルをする彼に私(私たち)がどれほどに彼のことを思ってきたか、
あなたを愛してどんなにか幸せだったかという気持ちを乗せて彼の声に耳をかたむけた。
どのステージも全力の彼だけれど、このコンサートはある意味ラストコンサート一曲一曲を
いとおしむように大切に歌っていたのが本当に印象的だった。
アニョンではクレーンに乗ってファンサービス。見上げると空にはきれいな月が。
入隊してしばらく彼の歌声もダンスも観れないけど同じ月を見て過ごすことはできるよね・・・
アンコールの途中に映画の監督さんや俳優仲間の方々が舞台に登場
RAINが入隊中に映画は公開されるけど応援よろしくというものだった。
最後に主催者からの挨拶の中で今日のコンサートには2万人以上の人たちが集まったとあった。どよめきが走る。
自らの花道を作り入隊していったRAIN。
最後は自らもコンサートを楽しみファンに感謝しながら笑顔で幕が下りた。
私も(私たちも)同じ想いで楽しみ、味わい、感謝したひと時だった。
すべての人に  ありがとう 2013年7月10日には私はどこにいるのかなぁ・・・
これからの日々がまた楽しみになってきた。なんたって人生アップダウン・・・・アップアップだから
-special thanks 唄子-
2011.10.9 韓流フェスティバル江南路上無料ライブ

dww.jpg
fwet.jpg
ggs_20130330111906.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/4237-b4c06d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。