FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
2006年海外言論が注目した韓流スターは?

‘アジアを越えて,世界へ...’
2006年にはそのどの年よりも韓国スターらの海外進出が著しい一年であった。
その代表的なスターが雨,ボア,ペ・ヨンジュン,ソン・スンホン,チャン・ドンゴン,東方神技,チャン・ナラ,セブンなどだ。
ワールドスター雨
雨は今年の一年最も大きい成長を見せたスターだ。
雨は韓国芸能人では最初に米国のタイムズ紙が毎年選定する‘世界で最も影響力ある100人’に名前を上げた。
これに去る5月7日米国,ニューヨークに出国して,8日ニューヨーク リンカーン センターで開かれた‘タイム100’ディナーパーティーに参加することもした。

雨に関心を持っていた米国ABC放送はさる2月開かれたピの米国公演と今後米国進出準備過程などに対するドキュメンタリー製作を推進した。
また昨年11月CNN‘トーク アジア’に出演した雨は再びCNNの選択を受けた。
雨はCNN‘トーク アジア’が今年の一年の間出演した主要人物20人の放送分をまた見る送年特集プログラムで再び選ばれた。
雨はCNN‘トーク アジア’がプログラムを紹介しながら取り上げ論じた五人物中に1人に選ばれた。
以後ロイター通信,AP,AFP,日本朝日TV,東京TVをはじめとする外信らはピのワールドツアー,新しい映画などに多大な関心を見せた。
英国のロイター通信は雨を示して,アジア女性らを気絶させるロボット ラバーと表現することもした。
人気グループ東方神技
中国,日本などの外信は特に今年の一年東方神技を注目した。
東方神技が開いた単独コンサート,記者会見場には中国だけでなく台湾のチャンネルV,米国のビルボード紙の記者など海外言論が大挙参加した。
中国の一部言論は東方神技が雨とともに現在中国で最も大きい人気を享受しているスターと報道することもした。
組閣(彫刻)ハンサム チャン・ドンゴン
チャン・ドンゴンは主役を演じたファンタジー映画‘無極’がベルリン国際映画祭で公式上映されて,全世界言論の熱い関心と賛辞を受けた。
チャン・ドンゴンはさる2月ベルリン国際映画祭非競争部門に招請された‘無極’の公式上映に参加するためにドイツ,ベルリンを訪問した。
日本,中国,香港,台湾などアジア圏国家記者らはベルリン空港であらかじめ待機して,チャン・ドンゴンが到着するやいなや熱を帯びたインタビュー競争を行うこともした。
チャン・ドンゴンはこの行事に参加して,ドイツ主要放送会社インタビューを始め現地言論のインタビューに応じた。
スクリーン インターナショナル,バラエティーなど主要映画専門雑誌とヨーロッパ外信インタビューをしながら彼の人気を証明した。
アジアの星ボア
アジアの星ボアは日本で相変らず最高の席を占めながら,人気行進を継続した。
こういう彼女の目覚ましい活躍に注目した世界的なニュース専門チャンネルCNNは対談プログラム‘トーク アジア’にボアを招請した。
ボアは12月CNNの‘トーク アジア’に出演して,音楽と延期(煙,演技),米国市場進出に対する抱負を表わした。
戻った韓流スターソン・スンホン
この前軍服務を終えて全域したソン・スンホンはドラマ‘秋の童話’の人気で日本で最も愛を受けている韓流スター中1人だ。
ソン・スンホンが全域をして日本を訪問した当時彼の人気はヨン様ペ・ヨンジュンを凌駕する水準だった。
去る12月12日日本を訪問した韓流スターソン・スンホンを見るために成田空港に駆せ参じた日本ファン(パン)は総6,000人余りに達することで集計された。
この日空港には日本言論をはじめとする外信100人余りが熱を帯びた取材競争を行うこともした。
日本のフジTVは“空港に6,000人の人波が集まって,ペ・ヨンジュンが日本を訪問した時を凌駕した”として積極的にソン・スンホンの日本訪問を報道した。
‘ヨン様’ペ・ヨンジュン
‘ヨン様’ペ・ヨンジュンの日本での人気は今年も天を突き刺した。
日本のNHKをはじめとする各種言論らはペ・ヨンジュンの一挙手一投足を鋭意注視しながら,記事化した。
NHKはペ・ヨンジュンの‘冬のソナタ’を放送したのに続き来年5月ペ・ヨンジュンの次期作の代作(大作)ドラマ'太王四神記'を編成することもした。
米国進出を目前に置いたセブン!
外信らの注目をあびたスターの中でセブンも取り除けない。
セブンは今年のはじめ中国と香港などで開かれた大規模授賞式に参加しながら派手に一年を始めた。
こういうセブンに中国シナダッコムをはじめとするアジア圏言論らの関心が集中したことは当然のことだった。
中国大陸の料亭チャン・ナラ!
韓国でより中国でより一層活発に活動しているチャン・ナラは中国言論らのスポットライトを受けながら,多い愛を受けた。
こういう関心の表現中一つで一時中国スターと熱愛説に包まれることもした。
来年にはより多いスターらがアジアを越えて,世界頂上にそびえ立ったという便りがたくさん聞こえることを期待してみる。

-daum-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/515-497ea05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)