FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
2006スクリーンを輝かせた顔らスクリーンも私の舞台




'俳優飢謹に苦しめられている'という話が飛び交うのは昨日今日のことでない。
それは実際に主演級俳優が多くないという言葉でもあり'スター級俳優キャスティング=興行'という相変らず実証されない'公式'でその誰も自由になれない現実を表わしたりもする。
そのような意味で今年韓国映画はその通常の年より幸せな年に違いない。
100編余りを越える映画が製作されて開封されながらも,収益率面ではろくでもなかったそれで'貧益貧 富益富'現象が著しい年だったが忠武路(チュンムロ)と観客らは新しい俳優らを持つことができるようになったためだ。
ニュースエンは今年開封された多い映画らを振り返ってみながら,これから新しく眺めなければならない,いや見守って励まさなければならない俳優らを紹介する。
決して'新人'の名前で呼ぶ訳には行かないがここに,この俳優らは明らかに忠武路(チュンムロ)が今年かき集めた収穫に間違いない。
2007年豚年にこれらの活躍を期待してみる。
#スクリーンも私の舞台
〓チョン・ジフン
歌手'雨'チョン・ジフンのスクリーン進出は事実その時点が堤防であることの問題だっただけ,既定事実だった。
そして彼はその期待値ぐらいの成果を取ったと見られる。
パク・チャンウク監督の'サイボグジマン,大丈夫'をスクリーン デビュー作で選択したチョン・ジフンは映画の中で純粋な少年の感性で自身がサイボーグと考える少女(イム・スジョン)に限りない純白色愛を与えた。
きらびやかな身振りで舞台とファンたちをぎゅっとつかんだチョン・ジフンは'雨'がでない新しい俳優の面目(容貌)として観客に近づいたし来年ベルリン国際映画祭レッド カーペットを踏む光栄まで抱くことになった。
〓シン・ドンヒョン
歌手として首脳(頂上,正常)の人気を享受しているシン・ドンヒョン(MCモン)はその間いくつかのドラマに出演しながら,延期(煙,演技)で活動幅を広げたがそれほど眼に触れることができなかった。
しかし今年'急に放電説'で映画にデビューしながら,一気に主演級演技者に跳ね上がった。
朴ゴンヒョン,イ・チョンヒとともに主人公三人衆で出演,経た暴力映画でげんこつ実力は思わしくないながら,話し方だけで相手を制圧する'口腔アクション'で映画に面白みを増した。
これを通じて,神童玄銀自分だけのキャラクターを観客および映画関係者たちに確かに認識させながら,新しい可能性を立証した。
〓ハ・ドンフン
去る2001年ヒップホップグループ守るだろうメンバーでデビューしたハ・ドンフン(ハハ)は歌手よりはTV娯楽プログラムでコミカルなイメージで人気を呼んだ。
今年はここに映画主演俳優というタイトルをもう一つ追加した。
映画'円卓の天使'で人気グループ神話のメンバー李敏雨と,'誰が彼女と寝たのだろうか'ではキム・サラン,朴浚圭,イ・ヒョクチェなどと共に主役を演じた。
特に'円卓の天使'では娯楽プログラムと同じコミカルな演技だけでなく真剣な姿もお目見えしながら,多様な魅力を発散した。
今年二編(便)の映画で相次いで主役を演じただけ来年にもスクリーンの中活躍が占われる。

-daum-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/523-539ef807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)