FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
ピ"光栄なキャリア米進出に助けになるようだ"

米ピープル選定'最も美しい人物100人'に選ばれて
"ワールドツアーで挑戦者だけが勝利するという教訓を得て"
(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者= "昨日(25日)百想芸術大賞で映画部門新人賞を受けて祝いを受けるのに夜遅くまで眠れなくて,疲労(病)にかかりました。
薬を飲んで病院行ってくるところです。
季節の変わり目にはアレルギー症状もあって。"
だがピ(実名チョン・ジフン・25)は本人にひきつづき起きた'楽しいホットイシュー'に非常に声が浮き立っていた。
雨は米国演芸週刊誌ピープル(People)が選定した'最も美しい人物(Most Beautiful People) 2007'に選ばれた。
彼は電話インタビューで"夢にも思うことが出来ない良いことらが起きて光栄でうれしい"として"米国ではこういうプロフィール,キャリアが非常に重要だそうだ。
米国もアジア圏で突風を起こしている韓国文化に関心が大きいだけこれから活動にも多いに役に立つようだ"と所感を明らかにした。
次はピとの一問一答.
--′ガジャン美しい人物100人'に選ばれた所感は。
▲非常に光栄で今回の選定のおかげで多い機会らができるようだ。
米国にまだレコード,映画に進出しなくてピープル紙を通じて,顔が知られる場合これから活動にも多いに役に立つようだ。
ウンが反努力が半分であるようだ。
夢にも思うことができなかった。
周囲スタッフも非常に好むのにこれらの助けがあったので可能だった。
今年私に起きた最高のホットイシューではないか。
--3月中旬ピープル紙とインタビューをしたのにある内容だったか。
▲インタビューの時だけでも選定が決定されたことでなかった。
ピープル紙側は予想候補1千人中調査して,インタビューをして選ばれる場合雑誌に記事を載せるといった。
おもしろかったのはタイム(Time)とのインタビュー時は社会政治的な質問が多かったのに今度は'クール'するように私に対する話を主に尋ねた。
米国に進出するアジア人として成功を収めることができる業績をどのように成し遂げるのかなど活動に関する質問が60%ならば,容貌と関連した質問が40%程度なったようだ。
運動はどこでするか,にきびは出るか,皮膚科は通うかこういうささいなことら.
美しい人物を選定したからか容貌を重要視するようだった(笑い).
--初めて選ばれて,米国TVドラマ'プリズン ブレーキ'の主人公ウェントゥウォス ミラーとともに'ファースト タイム ピュティス(First Time Beauties) 2007'カテゴリーに分類されたのに。
▲プリズン ブレーキを何度(か)見たのに非常におもしろかったがスケジュールのために時間が不足して見られなかった。
--昨年米国時事週刊誌タイムの'世界で最も影響力ある100人(The Most Influential People of the Year)'に選ばれたのに続き今年も発表を控えてオンライン投票1位を走っている。
期待をしているか。
▲昨年選ばれた時,聞いた話は政治が,革命家らは二三度選ばれる場合があるが芸術家,アーティストの場合一度選ばれれば主に'ニュー フェース'を探すと聞いた。
'タイム100人'パーティーに今年も行くことはできる。
選定者などはコミュニティのようにクラブのメンバーになって参加したいなら招請状を送ってくれるといったよ。
だが招待されて行くのがさらに光栄でないか。
--ワールドツアーを通じて,どんな面が最も成長したと感じるか。
▲する前にあきらめずにあたれ。
まさに挑戦精神だ。
出来なければ仕方ない。
100%努力したので受け入れる。
挑戦する者だけが勝利することができる。
ワールドツアーを企画しながら,なぜ私たちは米国のポップスターらのように大型舞台をたてられないか悩んだ。
ところで公演装備を航空,船舶で運送することにだけ途方もないお金がかかったよ。
マイケル・ジャクソンの場合バスに装備をのせて米国大陸を横断すれば良いのではないか。
また文化的差も感じた。
特にイスラム,ヒンズー教文化圏.
マレーシアでは女性らがチャドルで顔を隠して大声を出してはならない。
現地ではこれが守られなければ電気を切ったとか色々な制約があった。
だが幸い融通性あるように話して,公演をうまく行うことができた。
--スクリーン デビュー作の映画'サイボグジマン,大丈夫'で百想芸術大賞新人男優賞を受賞したのに。
▲本当に映画デビュー作で新人賞を(受ける)乗るのが夢だった。
私はまた他の道を歩いていく過程で可能性を認められたわけだ。
非常に感謝するだけだ。
昨日授賞式が終わった後パク・チャヌク監督様と会って祝いながら,ソン・ガンホ先輩から助言も聞いた。
--5月に名品ブランド ルイブィトンの招請でスペインに行くと聞いた。
▲ルイブィトンがスペインで主催するヨット大会を観覧しに行く。
まだ確実なことではないがスカーレット チョヘンスンも私とともに招請名簿にあることと分かる。
--米国進出などこれから活動計画は。
▲ひとまずワールドツアーが50%程度進行されただけ,残りアジア圏と米国公演を成功裏に行うことだけ考える。
また今年より良い便りを聞かせることができるようだ。
応援して期待してくれ。
-naver-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/962-179f8ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)